おでこを引き上げてたるみケア!アテックスのルルド「リフトケア」

最近、20~30代でも気になり始める人が多いというお肌のたるみ。美容家電に詳しい田中さん曰く、「対策としてフェイシャルケアを始めるのもいいですが、お肌のたるみには、頭皮マッサージもいい」んだそう。そんな田中さんにおすすめの美容家電を紹介してもらいました!

イチオシスト:田中 真紀子
白物家電をはじめ生活雑貨、家事、住まいなど、暮らしにまつわるモノ・コトの取材・執筆を行うフリーライター。中でも家電に関する執筆が多く、雑誌やウェブで検証やレビューを行っている。得意分野は、美容家電。働く女性として、一児の母として、忙しくてもきれいになれる美容家電を見つけ、各媒体でも紹介している。

頭皮からアプローチしてリフトアップを狙うアテックスのルルドシリーズ「リフトケア」。ターバンのようなビジュアルも、リラックス感を誘います


ふとガラスに映った自分の顔を見たとき、予想以上の“ブルドックフェイス”に、思わずドキッとした経験がある方も多いのではないでしょうか。お肌のたるみを解消するために、フェイシャルケアを頑張っている人もいるかもしれませんが、実は頭皮マッサージも効果的。最近は、頭皮ケアからお肌のたるみ改善や小顔ケアを実践するサロンも増えているほどです。

でも、なぜ頭皮なのでしょう。みなさんもご存じのように、顔と頭は一枚の皮でつながっています。でも頭皮が硬く動きにくい状態だと、顔を引き上げる力が弱くなってしまい、結果として頬のたるみやほうれい線につながってしまうのです。

そこでイチオシしたいのが、アテックスのルルド「リフトケア」。前頭部から側頭部をグッと引き上げ、3つのモードと強度でほぐしてくれる美容家電で、巻いてしまえば手が空くので別の作業ができるのもポイントです。

2本のエアバッグがおでこ周りを引き上げる

目の上あたりから、耳の上を通って首あたりで装着。ヒーターがじんわり温めてくれるので、リラックスした気持ちになれます


使い方は、ターバンのようにおでこから後頭部に向かって巻き付けるだけ。上下に2本入ったエアバッグが絶妙なタイミングで膨らんだり、しぼんだりしながら、頭皮をググっと引き上げてくれます。それもかなり力強い!

2本のエアバッグが、交互に膨らんだり、両方膨らんだりすることで、ただ圧を加えるだけでない気持ちよさも味わえます。私など常に頭皮がガチガチなので、一度使うだけで頭がすっきり爽快! なんとなく目もパッチリして、視界が開けたような気分になります。これは頭皮の血行が促進されたおかげか、それともまぶたが上がったのか……もしかしたら両方かもしれません (笑)。

「リフトストレッチ」コースを「強」で愛用中

リフトストレッチコースで、圧をかける前(左)とかけた後(右)。目が少し上がっているのがわかるでしょうか


リフトケアには、「リフトストレッチ」「リフレッシュ」「スカルプケア」と3つのコースが搭載されています。リフトストレッチは、頭皮を下から上に持ち上げる圧で、顔まわりも引き上げる感覚、リフレッシュはリズミカルに圧をかける、どちらかというと癒し系。そしてスカルプケアは、グーっと力強く圧をかけていくストロング系です。エアの強さは、弱・中・強の3段階。

頬のたるみが気になる私は、もっぱらリフトストレッチを強モードで愛用しています。

使いやすさの理由は、事前準備が要らないこと。思いついたときにパッと頭に巻くだけなので、パソコン作業をしたり、本や雑誌、スマホを見ながら使えます。コードレスではないので、いつでもどこでも、というわけにはいきませんが、手軽に使えてリフトアップが期待できるリフトケアを日々愛用中です。 DATA
アテックス|ルルド リフトケア AX-HX1810

本体サイズ:幅750×奥行20×高さ130mm
質量:約750g(リモコン含む)

>>「夏本番までに! 目指せ美ボディ」特集をチェックする

>>「専門家たちが選ぶ癒しのグッズ」特集をチェックする
掲載日:2020年12月02日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。