きっとあなたの心を動かす。「本」特集

ゆっくりしたい日や通勤時間、就寝前に本を読むという人は少なくないでしょう。あらゆる分野の専門家が、「心が震えた」「人生が変わった」とイチオシする本をご紹介します。

人生いろいろ。私の人生を変えた

ミリオンセラーに納得…10年経っても泣ける『鏡の法則』
人間関係、仕事や恋愛などの悩みは、だれもが悩むことでありながら、自分だけではなかなか処理できないこともあります。人間関係に関するセミナーや個人コーチングで活躍する今井翔さんが「10年以上経っても読み続けたい」と太鼓判を押してくれたのは、『鏡の法則』という有名な一冊。読みやすさと普遍性を兼ね備えた一冊で、自身の愛読書であると同時に、仕事でも勧めているのだそう。
管理栄養士も愛読!「お腹ぽっこり」に効く医師ダイエット本
そんなに太っていないのにお腹だけが出ている……と悩んでいる方は多いですよね。自身も大幅なダイエット経験がある、管理栄養士の松田さんがイチオシしてくれたのは『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える 、内臓脂肪を落とす最強メソッド』。著者の愉快な自伝を交えながら、食や生活習慣について楽しく学べる本だそうです!
僕が彼とのつきあいをあきらめなかったのはこの本のおかげ
『おっさんずラブ』『女子的生活』などLGBTが描かれたドラマが好評となった昨今。セクシュアルマイノリティの専門家である後藤純一さんイチオシするのは、映画やドラマ化もされた橋本 治の青春小説「桃尻娘」シリーズの一作。「BLのハシリとも言えるだろう作品で、当事者以外の方にもおすすめ」と、思い出とともに語ってくれました。

今日から変わる!“特効薬本”4選

「いつかやろう」が今に変わった本、『あした死ぬかもよ?』
10代からフィットネス業界で活動し、独立を経て、下半身痩せ専門パーソナルジムを開業。まっすぐにキャリアアップしてきた飯沢さんですが、その決断の裏には、ある本の存在があったそうです。「決断を先送りにしている人に読んで欲しい」と自身の経験をもとにアツく語ってくれました!
運命の一冊『ずっとやりたかったことを、やりなさい』
占いガイドの章月さんが紹介してくれたのはサンマーク出版の『ずっとやりたかったことをやりなさい』。ただ書くだけで、未来が開けるとしたら?落ち込んだとき、道にまよったとき、なりたかった自分になるための手引書としておすすめだそう。
成功するには「幸せ」であること! 本当にやりたいことを教えてくれる一冊
多くの人が抱いている「成功すれば幸せになれる」という考えは、実は逆なのかもしれません。鎌倉・江ノ島ガイドとして活躍する村田江里子さんが、ご自身の活動の指針になったという1冊をイチオシしてくれました。
科学的“お金と幸運の引き寄せ方”の本で幸運体質に!
「好きな仕事」と「お金」は、ときに両立が難しいことがあるようです。鎌倉・江ノ島ガイドであり、ご自身の経験を活かして起業支援もされている村田江里子さんが、「お金と幸運を引き寄せる方法」をわかりやすく解説した本をイチオシしてくれました。

日々を忘れて読書の世界へ

『82年生まれ、キム・ジヨン』から考えた「8050問題」
不動産関連の仕事をバリバリとこなす千葉さんが読んで考えさせられた、というベストセラー「82年生まれ、キム・ジヨン」。女性が出会う困難や差別を描き、韓国で社会現象を巻き起こした話題の作品。特にアラフィフ世代に読んでほしい、その理由とは。
この先の人生に迷っている人におすすめ!カズオ・イシグロの一冊
ノーベル賞作家、カズオ・イシグロによる『日の名残り』。アンソニー・ホプキンス主演で映画化もされた名作です。介護の専門家・小山朝子さんが、自身もこの作品に感銘を受け、これからの人生を考え始めた人にぜひ読んでほしいとイチオシしてくれました。

ほっこり。気分転換のために

天才・アラーキー夫人がつづったエッセイから見える理想の夫婦像
「天才・アラーキー」として知られる写真家・荒木経惟氏。シンガポール・沖縄ガイドの稲嶺恭子さんが、アラーキー夫人の故・荒木陽子さんのエッセイをイチオシしてくれました。書かれている内容は、ご自身の夫婦生活にも生かされているようです。
四季の移ろいで忙しい心に潤いを与えてくれるフォトエッセイ
シンガポール・沖縄ガイドであり現在は沖縄在住の稲嶺恭子さん。今回は「沖縄に住んでいるからこそ、客観的に見ることができた」という四季の移ろいを描いたフォトエッセイをイチオシしてくれました。
心も体もゆる~くほぐれる絵本『あるかしら書店』
心のコリをほぐせば体のコリも取れてくる、カイロプラクティック理学士の檜垣さんはそう言います。そんな檜垣さんが今回紹介してくれるのは大人が読んでも楽しい絵本『あるかしら書店』。なぜかじんわり温かい、心のマッサージのような絵本だそうですよ!
カテゴリ一覧