580円で美人印象がぐっとアップするセザンヌの隠れた名品があった!

のっぺりと塗られたファンデーションは立体感に欠け、野暮ったい印象に。580円でアラフォーの肌を格上げしてくれるとして、美容ライターの小林さんがおすすめするのは主婦の味方・セザンヌの「ノーズシャドウ ハイライト」でした。

イチオシスト:小林 未佳
化粧品・美容に関するライター兼アナリスト。関西学院大学理学部卒業後、化粧品メーカーの研究職に就き、製品開発を行う。その後、化粧品の商品企画・マーケティングへと転身。研究者、マーケッター、消費者と多角的な視線で美容を分析し、女性の美をバックアップする情報を発信します。All About コスメ・化粧品 ガイド

「とりあえずファンデ」は卒業!アラフォーこそハイ&ローライトを

アラフォーメイクの必須アイテムはファンデだけじゃない


ちょっとお出かけ、というとき「とりあえずファンデ」になってしまっていませんか? もちろんファンデーションは肌を美しく見せてくれる重要なアイテム。だけど、ファンデーションだけで仕上げた肌はのっぺりと平面的に仕上がってしまい野暮ったい印象に。

アラフォーメイクで意識するべきは「立体感」。立体感を演出するだけで、美人印象がグっとUP! 私自身、鼻の低さがコンプレックスなので、ノーズシャドウと鼻筋強調ハイライトは必須です。それがないとぼやっとした眠たげな印象になってしまいます。

立体感を演出したいときのイチオシが「セザンヌ ノーズシャドウ ハイライト」。ハイライトとローライトが一体化していてどちらもしっかりと使える逸品です。

580円で美人印象がぐっとアップするセザンヌの名品

主婦の味方・セザンヌの「ノーズシャドウ ハイライト」はプチプラなのに使える!


このハイライトは適度な白さとギラギラしすぎない、ほどよいパール感を兼ね備えているため、清潔感のあるメリハリフェイスを演出することができます。一方、ローライトはとても控えめな発色のため、やりすぎ感のない自然な陰影を与えてくれます。

塗る位置はこちら。

黄色部分がハイライト、茶色部分がローライト


使い方のコツは、ハイライトもローライトも付属のチップを使って塗布すること。ハイライトはブラシ、ローライトはチップという印象があるかもしれませんが、このアイテムはどちらもチップで塗るのが◎。ハイライトとローライトでチップの表面/裏面を上手に使い分けてください。

まずは画像の黄色部分にハイライトをチップでのせます。その後、ブラシで軽くなじませてください。眉尻から目尻のCゾーンにハイライトを入れることで、人の視線を上にあげることができ、たるみ印象を解消することができます! このCゾーンハイライトはアラフォーでたるみが気になる方にはぜひ入れていただきたいポイントです。

ハイライトの後はローライト。チップでとんとんとなじませるようにしながら塗布しましょう。ローライトはブラシでなじませる必要はありません。

580円という低価格にもかかわらず、アラフォー女性にも使いやすく調整されたハイライトとローライトがセットになっていること。付属のチップ&ブラシも使いやすい点もイチオシポイントです!



DATA
セザンヌ|ノーズシャドウ ハイライト

容量:4.8g


d払いを利用すると、お支払い金額に応じてdポイントがたまったり、たまったdポイントは「1ポイント=1円」として、お買物にも使えます。

>>「プチプラコスメ」特集をチェックする
掲載日:2021年02月01日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。