【PR】敏感肌の味方!レスキューコスメにおさまらない「攻める敏感肌コスメ」

ディセンシア「アヤナス」の商品企画・PRグループの角田日向子さんは、化粧品メーカー勤務とあって人一倍スキンケアには気を遣っているそう。仕事柄、肌のコンディションは仕事にも響きます。そんな角田さんが、敏感肌の人にこそ試してほしいトライアルセットをイチオシしてくれました。

イチオシスト:角田 日向子(アヤナス 商品企画・PRグループ)

ポーラ・オルビスグループから誕生した敏感肌専門ブランド「ディセンシア」。「アヤナス」はエイジングケアに特化したシリーズ


敏感肌専門ブランド「ディセンシア」は、エイジングケアに特化した「アヤナス」とホワイトニングケアに特化した「サエル」の2つの人気シリーズを中心に、6つのシリーズを展開しています。今回イチオシする「アヤナス」は、日々忙しい毎日を過ごす女性に試してもらいたいシリーズです。

働く女性は忙しいです――。仕事もプライベートも充実させたいと思いつつも、自分の時間を捻出するのは簡単ではありません。ときには深夜残業をこなし、自分の時間は寝る前の数十分だけ……。なかには、ストレスで肌荒れしている方もいるかもしれません。実際に私も使っている「アヤナス」は、そんな働く女性に使っていただきたいシリーズです。

敏感肌の人も楽しめる積極的なスキンケア

「アヤナス トライアルセット 10日間」は、化粧水、美容液、クリーム、シワ改善オイル状美容液(1回分)のセット


敏感肌用コスメの「ディセンシア アヤナス」は、マイナスをゼロの状態に戻すのではなく敏感肌サイエンスに基づいた独自技術や使い心地、安心・安全を追求しながら、業界でもいち早く高付加価値の敏感肌化粧品の開発に取り組んできました。

というのも、敏感肌に悩むユーザーの「敏感肌だから使用できる化粧品が限られる」という声を伺い、敏感肌だからこそスキンケアを楽しめる商品を届けたいと思っていたからです。

だからこそ、レスキューコスメなどの機能的な成分だけでなく、肌当たりや感触、香りを楽しめ、スキンケアの時間が楽しみになる、そんな商品の開発を目指しています。

内・外の両方からケアする敏感肌の人のためのケア

肌の「内から」のケアだけでなく、ほこりや紫外線、乾燥など「外から」の刺激も対策したいのは敏感肌の人ならでは。ディセンシアの独自技術は、敏感肌の方の悩みを追求


そもそも「敏感肌」とは、肌のバリア機能が低下している状態のことを指しています。 このバリア機能が低下することで、肌が乾燥しやすくなってしまったり、乾燥によるシワやたるみができやすくなってしまったりします。

ディセンシアの独自技術「ヴァイタサイクルヴェール®」は、言うなれば、肌にバリア膜を持たせる技術。しかし、ただのバリアではありません。肌の水分蒸散を防ぐだけでなく、外側からの物理的な刺激を抑制する機能を備えています。つまり、肌を守りながら高い保湿効果を保つことを実現したのです。

個人的には、日中のメーク直しにも使用しています。トライアルセットに含まれる「アヤナス クリーム コンセントレート」をメークが崩れている部分に塗り、メークとクリームをなじませて優しくティッシュオフします。ティッシュオフした部分の下地を整え、メークを直します。

これから乾燥する季節になるので、メーク直しのたびに、肌を守りながら保湿ができるおすすめの使い方です。また、目元のメーク直しにも、綿棒にクリームをつけてやさしく拭き取ってあげると、崩れてしまったメークもきれいに落ちますし、乾燥しがちな目元の保湿にもなります。


「リピート率93%」は信頼の証

「敏感肌だから……」と、消極的なスキンケアをしてしまっている女性にぜひ「アヤナス」を試して欲しいです。敏感肌でもスキンケアを楽しめ、敏感肌女性に「ワクワク」していただけるような、お試しキットをご用意しました。

「リピート率93%」の実績は、多くの方々にアヤナスを愛していただいている証拠だと思っています。本当に納得して使っていただきたいので、まず「トライアルセット 10日間」を手に取ってみてください。ストレスで肌荒れしがちな現代女性にこそ、「アヤナス」をイチオシしたいです!

DATA
ディセンシア┃アヤナス トライアルセット 10日間

セット内容:アヤナス ローション コンセントレート(20ml)、アヤナス エッセンス コンセントレート(10g)、アヤナス クリーム コンセントレート(9g)、アヤナス リンクル O/L コンセントレート(1回分)、アヤナス メークアップベース コンセントレート(1回分)

掲載日:2019年11月22日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。