【PR】敏感肌の40代ママが16年愛用、1本4役オールインワンゲル

ご自身も幼いころからゆらぎ肌に悩んできたという、メディプラス代表の恒吉明美さん。自らの肌で試しながら開発した「メディプラスゲル」は、ご本人も太鼓判の逸品だそうです。その魅力をたっぷり語っていただきました。

執筆者:恒吉 明美(メディプラス代表)

1本4役のオールインワンスキンケア「メディプラスゲル」。コスパの高さとポンプ式のユーザビリティも魅力


さまざまなオールインワンのスキンケア商品が発売されていますが、私がイチオシしたいのは「メディプラスゲル」です。16年間、これ1本を使い続けている、もうなくてはならない存在です。

たっぷり使えて、お求めやすい価格帯でお届けするのはもちろんですが、しっかりとうるおい、「適切な保湿」を保つメディプラス独自の「湿潤美容」設計は、きっと気に入っていただけると思います。また、女性だけでなくお子様から男性まで、家族みんなで使える汎用性と1回2プッシュの手軽さもイチオシしたいポイントです。※1

コスパ最強! 1本4役のオールインワン

メディプラス代表の恒吉明美さんは、44歳で1児の母。ご自身同様、仕事に子育てに忙しい毎日を過ごす女性にこそ使って欲しい、と語る


「メディプラスゲル」は、化粧水、乳液、美容液、クリームの4役を1本で担うオールインワンタイプゲルです。2790円(税抜)と一見、一般的な価格に思えますが、たっぷり2ヶ月分(1ヶ月あたり1395円)の容量で、全身にも使えるので、ボディクリームを買う必要はありません。すごくコスパが高い商品なので、とても気に入っています。

コスパの高さは、たっぷりと贅沢使いできるということでもあります。1回につき2プッシュ、しっかりと使えるので、摩擦を感じることなく使っていただけると思います。私は、乾燥が気になったり、ピリピリしたときにはボディにもたっぷり使っているので、だいたい月1本のペースで消費しています。

また、一般のオールインワンゲルはジャータイプのものが多いなか、「メディプラスゲル」はポンプ式。忙しい朝も1プッシュで適量を出せるユーザービリティも個人的に気に入っているポイントです。ポンプ式ならスキンケア習慣のないお子様や男性にも、にも気軽に使っていただけると思います。

敏感肌の人やお子様も使える!※2

「普通の肌になりたい」が口癖だった恒吉さん。美容液やクリームなど複数のスキンケアを使うことがかえって肌の負担になっていることを懸念していた


肌トラブルの原因の多くは、肌のことを考えすぎるあまり、「与え過ぎ」「こすり過ぎ」「がんばり過ぎ」による“過剰なスキンケア”にあります。

触れる回数が増えると、かえって負荷がかかり、お肌の貯水力を弱めてしまいます。まずは肌を休ませることが肝心です。とにかく休ませることで、ターンオーバーは正常に戻り、うるおった柔らかい本来の肌の状態に戻ると考えられています。

「メディプラス」のアイテムは、ストレス性乾燥肌に着目した、独自の「湿潤美容」設計で、肌を包み込んで保湿成分に浸し続け、常に乾かない状態をつくりだします。

私自身も、幼いころからゆらぎのある肌に悩んでいました。自らを実験台にしながら何度も試作を繰り返し、うるおいのあるツヤ肌を実現すべく開発したのが「メディプラスゲル」なのです。

また、30代向け、50代向けと年齢ごとに展開されている商品が多くありますが、「メディプラスゲル」は赤ちゃんでも使えるので、家族みんなで使っていただいているご家庭も多いです。

「適切な保湿」の秘密はメディプラス独自の「湿潤美容」設計

「メディプラスゲル」は、ありとあらゆる成分を試し、厳選した66種類の美容成分を配合


私自身、もともと肌の揺らぎが大きく、保湿をしようとするあまり肌が重く感じたり、かといって保湿しないと毛穴が広がり、「適切な保湿」とは何か、悩まされてきました。

「メディプラスゲル」の最大の特長である「湿潤美容」とは、肌をほぐし、うるおいで浸して巡らせ、最後に包み込む処方のこと。モイストラップ分子が皮脂の代わりとなることで水分が蒸発しにくくなり、肌の保湿力を高めてくれます。

そんな「適切な保湿」が、私の肌にぴったりとフィットしました。敏感肌や混合肌で悩んでいる方、今のスキンケアで満足していない方に是非イチオシしたいアイテムです。1本で4役を担うので、時短スキンケアとしても、気に入っていただけると思います。

DATA
メディプラス┃メディプラスゲル

内容量:180g(約2ヶ月分)
成分:アクアオイル、玉造温泉水、ヒト型セラミドなど66種

※1 朝1プッシュ、夜2プッシュを目安にお使いください。
※2 アレルギーテスト実施済:すべての方にアレルギーが起こらないということではありません
掲載日:2019年11月06日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。