秋から始める冷え対策に。じわ~っと暖かい生姜のパッチ

毎年冬になると冷えで悩む女性は多いと思います。フリマアプリガイドの川崎さちえさんもかなりの冷え性で、秋から冷え対策をしているそうです。そんな川崎さんが取り入れているのが生姜を使ったアイテム。確かに生姜は冷えに効果があると言われていますが、どんなアイテムを使っているのでしょう。

執筆者:川崎 さちえ フリマアプリ・ネットオークション ガイド
ネットオークション暦15年、フリマアプリ歴5年。NHK「あさイチ」をはじめとした多数の情報番組に出演し、経験に基づいた実践型のフリマアプリやオークションやの魅力を伝えている。

乾燥生姜を使った「湿布」みたいな「ホットパッチ」

長年冷えに悩まされている私が冷え対策を始めるのは冬ではありません、秋です。普段からデスクワークが中心で、しかも腰痛持ちなので冬になると「腰が……」となることもしばしば。加えて、今年はぎっくり腰をしてしまったこともあり、腰のケアにはいつも以上に力を入れていこうと思っています。

そのためのアイテムとして常備しているのが、吉田養真堂の「ホットパッチ」です。生姜の力で身体をじわ~っと温め、寒い冬も乗り切れそうです。

\d払いがとってもおトク!/


生姜湿布の進化系「ホットパッチ」

見た目はちょっと黄色の湿布。香りは特にない

生姜が冷えに効果が期待できると言われるようになって、冬になると生姜汁を飲んだり、料理にやたら生姜を使うようになりました。私自身、かなりの冷え性なので冬になると生姜の消費量が極端に増えます。

食べるのはもちろんですが、すりおろして湿布のようにする方法もあって、温めたい場所をピンポイントで狙うこともできます。でも、生姜をすりおろす手間やカビの繁殖のリスクもあって、継続することが難しいのが現実です。

そういったマイナス面をクリアしたのが「ホットパッチ」です。生姜の乾燥粉末を使い、水を一切含まない方法でつくられているので、カビが発生することもありませんし、生姜をすりおろす手間もかかりません。湿布のようにペタンと貼り付けるだけなので、継続するのも簡単というのがユーザーにとっては一番の利点です。

長続きするじわ~という温かさ

足の先や手首など冷えが気になる部分に貼ると、じわ~と温かくなる

「ホットパッチ」は乾燥生姜を使っているので、カイロのような即効性はありません。温かくなるのが貼ってから30分くらい経ってからなので、忘れたころに「あれ? なんだか温かいぞ」と感じるイメージです。

もちろん、カイロのように高温になることもないので、低温火傷の心配もありません。温かさは6~7時間くらい継続するとホームページにはありますが、私は朝貼って、お風呂に入る前まで貼りっぱなしにすることも。湿布のようにペタリと貼れるので仕事の邪魔にもならない点も気に入っています。貼る場所は手首や足の甲、足の裏など冷えるなと思う場所にペタリとしています。

1点気になるのは、肌が弱い人はちょっとピリピリするかもしれないことです。そのため、ちょっと肌が弱いかも……と思うなら、一番最初は「パッチテスト」のように小さく切って肌に貼って様子を見てからの方がいいかもしれません。

早めの対策で冬を乗り切る

私の周りでも冷え性で悩む女性は多く、お互いに「これがいい」「あれがいい」と情報交換をしています。毎年新しいアイテムが発売されるので、それはそれで楽しいものです。

でも、口をそろえて言うのが「やっぱり早めの対策だよね」ということ。冬本番になって寒さによる体調不調が表に出てきてからでは遅いのです。芽が出てくる前に摘んでしまうのが一番の対策なので、まだ気温が低くならないうちからちょっとずつ対策を講じていきましょう。

\d払いがとってもおトク!/


DATA
吉田養真堂┃ホットパッチ

サイズ:10×14cm
内容量:10枚入り
掲載日:2019年10月04日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。