下半身痩せのための食事メニューとは?ダイエットのプロが学ぶ本

「食事だけで脚やせは無理、というのが業界の常識だった」と語るのは、下半身痩せの専門家である飯沢さん。『下半身からやせる食べ方』は体重を落とすだけじゃなく、下半身を中心にキレイに痩せたい方に特にオススメしたい一冊なんだとか。

イチオシスト:飯沢 芳明
19歳からフィットネス業界へ。業界でのキャリアを築いていくなか多くの女性が下半身痩せできずに悩んでいることを知る。そんな不満を解消すべく「下半身痩せメソッド」を考案。クセを変えれば脚は痩せる!運動指導の他、執筆などを中心に下半身痩せに悩む方々を指導している。
 
『下半身からやせる食べ方』著:蓮水カノン

『下半身からやせる食べ方』著:蓮水カノン


私は下半身痩せの専門家として運動指導をメインに行っています。お蔭様で常に予約待ちの状態にあるため、なかなか直接指導する機会が持てない方もいらっしゃいます。

そんな方々から、「食事だけで脚やせする方法はありませんか?」と質問をいただくことがあります。そんなときに「私は運動指導が専門ですが、この本を読んでみて」とおすすめする本。それが『下半身からやせる食べ方』(ダイヤモンド社 刊/蓮水カノン 著)です。
 
この本の特徴は、著者である蓮水さんがご自身のサロンのお客様延べ4000名の食事を調査し、下半身からやせる食べ方について分かりやすく書いていること。特におもしろいのは、普段食べている物によって脂肪のつく場所が変わる! ということを書かれている点です。
   

食べ物によって太くなる場所が変わる?

食べ物によって太くなる場所が変わる?

食べ物によって太くなる場所が変わる?


みなさんは“ヘルシーな食事”に変えれば痩せられると考えていませんか? しかし、実はそれが逆に脚を太くしている可能性もあるのです。
 
本書には、食べている物によって太くなる(脂肪がつく)場所が変わることが書かれています。
例えば、野菜を食べ過ぎると下半身デブになる、ヨーグルトでお尻が下がる、スムージーでウエストが太くなる……という具合です。

この情報を読んだだけでも、今の食事を見直したくなりますよね。一般的に「食事だけで部分痩せは難しい」とされていますが、この本にはそんな常識を覆す内容が書かれているのです。
 
 

常識を疑う大切さに気づかせてくれた

私が個人的にこの本をイチオシしたい理由は、「常識を疑うことの大切さ」に気づかれてくれたからです。
 
というのも、私は運動を中心にした下半身痩せの指導を行っていて、食事指導もしますが、食事だけでの下半身痩せは難しいと考えていましたし、それが業界での常識でした。

しかし、この本では4000名もの食事を調査し、“食事だけ”で下半身痩せするメソッドが公開されていて、現に成功者の声も載っています。実際、その内容をプロの目で読んでみても納得感があり、「体重を落とすだけじゃなく、下半身を中心にキレイに痩せたい!」という方には、特におすすめできる内容になっています。
 
常識だから、と片付けてしまうのは簡単なことです。しかし、それを一度疑ってみる。そして可能性を探ってみる。それは私の専門でもある運動指導でも同じこと。

私はこの本から、プロとして常に挑戦し続ける姿勢を学ばせてもらいました。気になる方は、まず試してみるところから始めてみてはいかがでしょうか?
 

DATA
ダイヤモンド社|『下半身からやせる食べ方』
著者:蓮水カノン
発売日: 2019年3月28日
掲載日:2021年04月01日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。