「ネイルホリック」は色の組み合わせが楽しい!2色ベタ塗りならセルフでも簡単に

指先をおしゃれに見せてくれるネイルアート。カラーコーディネートガイドの松本さんのイチオシは、カラバリ豊富な「ネイルホリック」なんだそう。色の組み合わせが簡単で、手軽にセルフネイルを楽しめる「ネイルホリック」の魅力を教えていただきました。

イチオシスト:松本 英恵
パーソナルカラー、色彩心理、カラートレンド(流行色)などをふまえたカラーコーディネートの提案、カラーマーケティングやカラー監修などを行っています。似合う色、売れる色をテーマにしたコラムや講演もご好評いただいています。著書に『人を動かす「色」の科学』(サイエンス・アイ新書)などがあります。
「ネイルホリック」なら、色の組み合わせが簡単!

「ネイルホリック」なら、色の組み合わせが簡単!


新しい生活様式が提唱され、手洗いや手指消毒の機会が増えた今、特に気をつけたいのは指輪の取り扱い。指輪は、手を洗ったり消毒する前に外すのが基本です。しかし、外出先で指輪をつけたり外したりしていると、紛失のリスクも倍増……。指輪をつけるのが面倒だなと感じ、ネイルカラーを楽しむ機会が増えました。

色数が豊富なKOSEの「ネイルホリック」は、テクニックいらずで遊びのあるネイルを楽しむことができるのでイチオシです。グルーピングや色番号によって色の組み合わせがしやすく、日本人の色嗜好をとらえた使いやすい色が揃っているのもポイント。2~3色を使うことで、手軽におしゃれなネイルアートができますよ。
   
 

ネイルホリックは「イメージ別」にグルーピングされている

ピンク系の組み合わせ(Soulful color:PK827とPK828)

ピンク系の組み合わせ(Soulful color:PK827とPK828)


最近のマイブームは、豊富なカラーバリエーションを誇る「ネイルホリック」で、ネイルカラーの組み合わせを考えること。

なぜ「ネイルホリック」がイチオシなのかというと、ネイルカラーが20種類を超えるグループに分類されているからなんです。

たとえば、Soulful colorは鮮やかで気持ちが華やぐ10色、Mode colorはCoolな艶めきに魅せられる12色、Classic colorは誰からも愛される11色、Luxury colorは魅惑的な宝石のように輝く6色……というように、イメージ別にグルーピングされています。
パープルとレッドの組み合わせ(Mode color:PU104とRD403)

パープルとレッドの組み合わせ(Mode color:PU104とRD403)


ネイルカラーを組み合わせる際、同じクループのものを使うことで、調和のとれた美しい配色に仕上がります。
 

ワントーンの色違いに!色味で合わせるのもおすすめ

ローズ系の組み合わせ(Classic color:RO603、Luxury color:RO605)

ローズ系の組み合わせ(Classic color:RO603、Luxury color:RO605)

もしくは、色味を揃えれば、異なるグループのネイルを組み合わせても統一感が生まれます。

RD(レッド)、PK(ピンク)、PU(パープル)、RO(ローズ)といった、色味を示す英字がついているので、例えば同じローズ系で組み合わせるなら、Classic colorのRO603とLuxury colorのRO605を塗り分けます。

私自身10本の指を同じ色で塗らないと決めたことで、以前よりも気軽にネイルを楽しめるようになりました。例えばネイルが欠けたときに、数本の爪をオフして別の色を塗ったりすることも。

カラバリ豊富で組み合わせも簡単な「ネイルホリック」。指先のおしゃれに取り入れてみませんか?
 
DATA
NAIL HOLIC┃ネイルカラー 各種
掲載日:2020年09月17日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。