パンダ目にならない!クラランスの「ダブルフィックスマスカラ」

目元を華やかに仕上げるマスカラは、にじみや落ちが悩みの種。自身もパンダ目に悩んでいたという、エステティシャンの立神さんが教えてくれたのは、クラランスの「ダブルフィックスマスカラ」。塗るだけでまつ毛にハリとツヤが出て、どんなマスカラとも相性抜群なんだとか!

イチオシスト:立神 詩帆
フランスのエステティック・コスメティック国家資格をもつエステティシャン。パリ7区でサロンCHICHI(シシィ)を運営。フランスの美容事情に精通し、パリジェンヌから学ぶ、最新の美容情報をパリから発信中。パリとブリュッセルに在住し、ヨーロッパのライフスタイルにも詳しい。
image

マスカラを仕上げた後にプラスするだけで一日中朝のままの目元をキープ。

マスカラのにじみや落ちは、汗や涙が出やすいこと、まつ毛が下向きに生えていて下まぶたに接触すること、目を頻繁にこすることなどが原因です。朝バッチリメイクして、小まめに化粧崩れを直しているのに、なぜか夕方にパンダ目になっている……という方も多いのでは。

どんよりと疲れた老け顔に見えるパンダ顔にならないために私が愛用しているのが、水・汗・皮脂に強いクラランスの「ダブルフィックスマスカラ」。

いつものマスカラを塗った後に重ねて塗るだけで、透明フィルムがまつ毛をしっかりコーティングし、一日中マスカラの落ちを防いでくれる優れ物なんです。

以前大泣きした後にふと鏡で顔を見てみたら、ファンデーションは流れ落ちているのにマスカラだけが全く落ちていなかったことにびっくり! 効果抜群のアイテムです。

まつエクをしない方もお休み中の方も試す価値あり!

image

マスカラが乾いた後に重ねて塗るのが、きれいに仕上げるコツ


私のまつ毛は、ビューラーでしっかり上げてもすぐにお辞儀してしまうほど頑固に下向きに生えていて、マスカラを塗って小一時間もするとパンダ目になってしまうのが長年の悩みでした。

まつ毛エクステのおかげでその悩みから解放されて喜んでいたのですが、あるとき、施術中に技術者の方が誤って目の中にグルーを垂らしてしまい、その瞬間激痛が……。その後1週間の間、瞼がパンパンに腫れてしまい、まつエク生活を断念。

以来、再びマスカラ生活に戻ったのですが、私の住んでいるフランスではお湯で落ちるタイプのマスカラは珍しいし、ウォータープルーフのマスカラを使用しても午後にはパンダ目に。

手当たり次第に色んなブランドのマスカラを試しては落胆を繰り返していたときに出会ったのが、この「ダブルフィックスマスカラ」でした。エクステをしない方、またエクステをお休み中の方にもおすすめです。

使い方は、手持ちマスカラの上からひと塗り! もちろん、単品使いもOK

image

アイブロウの仕上げにも使えます。毛並みを整えて美しい眉を保ちます。

「ダブルフィックスマスカラ」は、透明のフィルムでコーティングするトップコートなので、ブランドやカラーを選ばず、どのマスカラとも相性がいいので活用度が高いのも◎。

マスカラブラシが好きで愛用している某ブランドのマスカラを使っているのですが、ウォータープルーフタイプなのに滲みやすいため、「ダブルフィックスマスカラ」を重ねて使っています。

また、単品使いでも、塗るだけでまつげにツヤとハリがプラスされるので、ノーメイクのときやプールの帰りなど、すっぴんでは外に出るのがちょっと恥ずかしいときにササッと塗っています。円錐形のブラシがしっかりと毛に絡み、塗りやすいのもうれしいポイントです。

目元をはっきりとした印象に仕上げてくれるにじみしらずのトップコートは、1本持っていると重宝するはず。パンダ目に悩んでいる人はぜひ使ってみてくださいね。

DATA
クラランス┃ダブル フィックスマスカラ

内容量:7ml
掲載日:2021年02月18日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。