ファミマの冷凍食品はフルーツや野菜にこだわりアリ!

進化を遂げるコンビニ冷凍食品ですが、管理栄養士の松田さんによると、「ファミマで買うなら、完熟フルーツや、麺類のトッピングにぴったりな肉入り野菜などの“素材系”がおすすめ」なんだとか。冷凍庫に常備しておきたくなる、即戦力の食材をセレクトしていただきました。

イチオシスト:松田 真紀
管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。株式会社バードワークス代表取締役。自ら18才から15年以上20kgの体重増減、摂食障害に。苦しいダイエット生活の末辿り着いた「仲間との楽しいお酒と食事」が「無理しない、簡単なダイエット法」として好評を博し、300以上の施設団体など多方面で活躍中。著書『居酒屋ダイエット』も好評発売中。
「素材系」の冷凍食品が充実しているファミマ

「素材系」の冷凍食品が充実しているファミマ

各コンビニに冷凍食品が充実してきている昨今。それぞれのコンビニに特色があります。

冷凍食品は、手軽なだけでなく、それぞれの産地で栄養価が最も豊富な旬に収穫している「栄養リッチ」な食材を、一年を通して楽しめるのが魅力ですよね。

特にファミリーマートには、完熟や国産など、“素材”にこだわったフルーツや野菜が豊富に揃っています。中でも、冷凍することで栄養価アップが期待できるというデータも明らかになっている、ポリフェノール類を豊富に含んだ食品は狙い目です。

そこで今回は、冷凍庫に常備しておきたくなる、ファミマで買える冷凍食品をセレクトしました。

1.Doleの「冷凍フルーツ ぶどう・ブルーベリー・いちご」

Doleの「冷凍フルーツ ぶどう・ブルーベリー・いちご」

Doleの「冷凍フルーツ ぶどう・ブルーベリー・いちご」

Doleの「冷凍フルーツ ぶどう」

Doleの「冷凍フルーツ ぶどう」

 
Doleの「冷凍フルーツ ブルーベリー」

Doleの「冷凍フルーツ ブルーベリー」

Doleの「冷凍フルーツ いちご」

Doleの「冷凍フルーツ いちご」

ベリーやブドウの赤紫の色素・アントシアニンやレスベラトロールは、冷凍することで凝縮され、効果がアップするというデータもある栄養素。これらはアンチエジング効果とともに脂肪燃焼効果も期待できます。

Doleの「冷凍フルーツ」シリーズは、ヨーグルトに加えたり、炭酸水や紅茶に氷がわりに入れてデトックスウォーターを作ったりと、とにかく使い勝手がいいのがうれしいポイント。中でもお気に入りのいちごは、1袋食べても37キロカロリー! 見た目も鮮やかでテンションが上がります。私は半解凍くらいにして「罪悪感なきアイス」としてヘビロテ中。
 
DATA
Dole┃冷凍フルーツ いちご

内容量:110g
エネルギー:37kcal

2.肉入りカット野菜

ファミリーマートの「肉入りカット野菜」

ファミリーマートの「肉入りカット野菜」

定番7種類の野菜(キャベツ、たまねぎ、ピーマン、にんじん、たけのこ、きくらげ)に豚肉も入った「肉入りカット野菜」。これだけであっという間に肉野菜炒めが完成! 特に、水戻しが面倒な「キクラゲ」や、使いきれずに残しがちな「タケノコ」が入っているのは魅力的。

キクラゲは若返りに必須のビタミンDが、タケノコは塩分を体外へ排出するカリウムが豊富。どちらも旨味成分のアミノ酸を含んでおり、加えることでグッとおいしくなる食材です。肉野菜炒めにして食べるのはもちろん、ラーメンに加えてタンメンにしたり、具だくさん味噌汁や、鍋具材にするのも◎。
 
DATA
ファミリーマート┃肉入りカット野菜

3.風味豊かな塩ゆで枝豆

ファミリーマートの「風味豊かな塩ゆで枝豆」

ファミリーマートの「風味豊かな塩ゆで枝豆」

手軽においしい枝豆が食べられるうれしい一品

手軽においしい枝豆が食べられるうれしい一品

収穫したその日のうちに茹でて急速冷凍したという商品。枝豆はビタミンA、B、C、D、Eがほぼ揃うハイペックな野菜で、この豊富なビタミン類を逃さずに摂取できるのは魅力的。もちろんおいしさもしっかり健在です。

「お母さん食堂」シリーズは、塩分控えめなものが多いのもうれしい限り。この商品も食塩相当量は、1袋65gあたりで0.5gと控えめで好感が持てます。家庭では、枝豆を塩分を控えめでおいしく茹でるのはなかなか難しいもの。手軽に食べられ、かつ塩分コントロールも叶う一品です。

DATA
ファミリーマート┃風味豊かな塩ゆで枝豆


以上、ファミマのおすすめ冷凍食品をご紹介しました。今すぐ食べなくても、冷凍庫にあるといざというときに役立つ即戦力ともいえるアイテムです。ぜひ試してみてくださいね。
掲載日:2021年01月30日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。