ローソンの冷凍食品はダイエットにおすすめ!「ロカボ&野菜たっぷり」ランキング発表

ロカボなスイーツや惣菜が充実しているローソン。管理栄養士の松田さんによると「野菜たっぷりなロカボ炭水化物フードの冷凍食品が続々登場しているので注目!」なのだとか。ダイエット中だけでなく、単身や共働き家庭の時短メニューや夜遅く帰宅してどんぶりや麺類が食べたいときにもおすすめです。

イチオシスト:松田 真紀
管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。株式会社バードワークス代表取締役。自ら18才から15年以上20kgの体重増減、摂食障害に。苦しいダイエット生活の末辿り着いた「仲間との楽しいお酒と食事」が「無理しない、簡単なダイエット法」として好評を博し、300以上の施設団体など多方面で活躍中。著書『居酒屋ダイエット』も好評発売中。

ローソンの冷凍食品は「ロカボ&野菜たっぷり」な炭水化物フードがイチオシ


ローソンの冷凍食品のおすすめ

ローソンの冷凍食品のおすすめ

各コンビニに、冷凍食品が充実してきている昨今。それぞれのコンビニに特色があります。ローソンの特徴は、ダイエットの味方、ロカボなスイーツやお惣菜が充実していること。冷凍食品もロカボな冷凍炭水化物フードがイチオシです。

ダイエット中には「太りそう」だと敬遠されるパスタやピザ、丼ぶり。でもそれは、具と炭水化物のバランスの問題なんです。そのバランスを変えれば、一品でしっかり栄養を摂れる優秀なワンプレートフードになることを教えてくれるラインナップが揃っています。


ローソンの冷凍食品は時短メニューにおすすめ

冷凍の野菜や果物は、旬の食材を使っていてむしろ栄養豊富。短時間のレンジ加熱なら栄養素が損なわれにくいので、単身や共働き家庭の時短メニューにぜひ使って欲しいアイテムです。

また、一度に数種類の野菜や魚介の種類をそろえるのは手間もコストもかかります。単身や二人家族で多い食品ロスを減らせる点も、冷凍食品のメリットと言えるでしょう。


さらに、冷凍食品を使うことで時短にもなりますし、夜遅く帰宅してどうしても麺類などが食べたいというときにも便利です。

ローソンの冷凍食品1:野菜を食べる生パスタ

ローソンの「野菜を食べる生パスタ ほうれん草クリーム」

ローソンの「野菜を食べる生パスタ ほうれん草クリーム」

ブロッコリー、いんげんがたっぷり

ブロッコリー、いんげんがたっぷり

レンチンしてそのまま食べられる容器

レンチンしてそのまま食べられる容器

ふたを剥がして電子レンジへ

ふたを剥がして電子レンジへ

ほうれん草の粉末を練り込んだ美しいグリーンパスタです。糖質の吸収が緩やかになる難消化性でんぷんを使用し、糖質を31.3gまで抑えた商品。カロリーも303キロカロリーとコンビニサンド1袋分程度。意外と多い「ガッツリ食べたくないシーン」でも活躍しそうですね。



麺が主役ではなく「野菜が主役」……このバランスは自分で作るときの参考にしたいほど!

ほうれん草に牛乳を合せたソースに、抗酸化野菜のブロッコリー、いんげんがたっぷりで、まさに「野菜を楽しむパスタ」です。

パスタは、野菜やほうれん草クリームと一緒に食べることで血糖値の急上昇をおさえます。さらに、オリーブオイルと合わせて吸収率もアップ!ソースで野菜摂取ができるのも、このパスタのメリットです。

生パスタならではの「もちもち食感」は、しっかり咀嚼するので食べ過ぎ予防にもなりますよ。

DATA
ローソン┃野菜を食べる生パスタ ほうれん草クリーム

カロリー:303kcal


ローソンの「野菜を食べる生パスタ トマトソース」

ローソンの「野菜を食べる生パスタ トマトソース」

同じ「野菜を食べる生パスタ」シリーズには、トマトの粉末を練り込んだ「野菜を食べる生パスタトマトソース」も。こちらには、揚げなす、赤・黄パプリカがゴロゴロ入っています。



DATA
ローソン┃野菜を食べる生パスタ トマトソース

カロリー:290kcal



ローソンの冷凍食品2:彩り野菜と熟成ベーコンのピッツァ

ごろっと大きめのブロッコリーが食べ応え◎

ごろっと大きめのブロッコリーが食べ応え◎

専用トレーつきで、フィルムを剥がしてそのまま電子レンジへ

専用トレーつきで、フィルムを剥がしてそのまま電子レンジへ

人気の冷凍ピッツアも小ぶりで、1袋当り405カロリー、糖質28.8gとちょうどいいサイズ感。



このピッツアの特徴は、赤・青・黄・黒の抗酸化力の強い8種の野菜(トマト・ブロッコリー・パプリカ(赤・黄)・玉ねぎ・バジル・オリーブ)に加え、3種のチーズ(モッツァレラ・ゴーダ・レッドチェダー)を使うことでさまざまな種類の菌をチャージでき、発酵食品としてのパワーが倍増していること。

パンだけ食べるよりも、野菜やオリーブオイル、チーズ、ベーコンなどを一緒に摂取することで、血糖値の急上昇を抑えられます。



レンチンするだけなので朝ごはんにも便利!バタートーストや菓子パンで朝ごはんを済ませがちな人は、こちらに置き換えれば「野菜&タンパク摂取」になります。見た目も鮮やかなのがうれしいですね。朝の栄養バランスを手軽に整えられます。



DATA
ローソン┃彩り野菜と熟成ベーコンのピッツァ

カロリー:405kcal



ローソンの冷凍食品3:野菜を食べるガパオライス

ローソンの「野菜を食べるガパオライス」

ローソンの「野菜を食べるガパオライス」

目玉焼きと色鮮やかな野菜がたっぷり

目玉焼きと色鮮やかな野菜がたっぷり

コンビニおにぎりにも採用されている「もち麦」を使った、エスニックライスボウルのシリーズです。

もち麦は食物繊維のβーグルカンが豊富で、血糖値が急上昇しにくく、太りにくい炭水化物。ヘルシーなだけでなく、プチプチした食感がクセになっておいしいんですよね。

女性に人気のタイ料理「ガパオライス」をもち麦入りにして、ダイエット中も楽しめるようにしてくれているのが高ポイント。



血糖値の急上昇を抑える食物繊維たっぷりの本商品。「野菜を食べるシリーズ」は、ご飯の量はほどよく控えめですが、さみしくないように見た目が鮮やかなのが特徴です。5種の野菜と挽肉に加えて、ガパオに欠かせない目玉焼きをオン。この目玉焼き=良質なタンパク質である卵があることで、満腹ホルモンを分泌させ、腹持ちが断然アップ。また、血糖値の急上昇をさらに抑えます。



にんじんやレンコンなどの野菜をしっかり摂取できるところが魅力的。

シャキシャキした歯ごたえを残しているので必然とよく噛むことになり、自然と早食いを防いで太りにくくなります。

特に、βカロテンたっぷりのにんじんは、血流改善や冷え性予防に最適。



卵までついてちょい足し不要の、まさにワンプレートのバランス食。見た目もおしゃれなヘルシーご飯として、自宅や職場などいろいろなシーンで楽しめます。



DATA
ローソン┃野菜を食べるガパオライス

カロリー:353kcal



ローソンの冷凍食品4:野菜を食べるビビンバ

ローソンの「野菜を食べるビビンバ」

ローソンの「野菜を食べるビビンバ」

女性に人気のエスニックの中でもビビンバは「野菜がたっぷり摂取できる」という大きな利点があります。ただ、これまでは、野菜と同時に「白米もたっぷり!」タイプが多い……という悩みもありました。それを見事に解消したのが「野菜を食べるビビンバ」です。



「野菜を食べる」というだけあって、この1袋で1食分の野菜120g(※1日当りの摂取量の目標350g以上から算出。厚生労働省「健康日本21」より)が摂取できます。



5種の野菜のチョイスも、抗酸化作用の高い緑黄色野菜のほうれん草、にんじん、にらに加え、むくみ予防に大切な、塩分排出の働きがあるカリウム豊富なもやし、タケノコと栄養素を網羅。

ピリ辛の肉味噌は血流改善効果があり、代謝も高まります。



トレイに具材とご飯が盛られており、そのままレンジでチンすればOK。買い置きして冷凍庫に保存しておけば、忙しい日の強い味方になりそう。オフィスランチにももってこいです。



DATA
ローソン┃野菜を食べるビビンバ

カロリー:365kcal




今回は、ローソンのおすすめ冷凍食品をご紹介しました。ロカボフードはダイエット中の強い味方。冷凍庫に入れておけば、いざというときにも安心です。気になったものはぜひ食べてみてくださいね。



続いて、ローソンのロカボ商品について編集部調べの情報を掲載します。


ローソンの冷凍食品はコロナ禍の夕食難民にもおすすめ

コロナ渦で飲食店が休業になったり閉店時間が早まったりして、「夕食難民」となっていませんか? 「毎日夕食を作るのがめんどくさい」 そんなときにもローソンの冷凍食品はおすすめです。がっつりラーメンや甘くておいしいパンケーキなど、簡単に食べられるので仕事で疲れているあとなどにぴったりです。


また、簡単に調理できるだけでなく、栄養価が高いのもおすすめポイント。栄養の偏りが気になっている人にも嬉しいですね。


【まとめ】ローソンの冷凍食品のまとめ

今回は、ローソンのおすすめ冷凍食品をご紹介しました。ロカボフードはダイエット中の強い味方。冷凍庫に入れておけば、いざというときにも安心です。気になったものはぜひ食べてみてくださいね。


ローソンのロカボ商品がアツい!おすすめとは

続いて、ローソンのロカボ商品について編集部調べの情報を掲載します。


◆ローソンのロカボ商品一覧


ローソンでは、「マチの健康ステーション」として、高齢化社会や健康志向ニーズの高まりなど、社会の変化に対応し、2012年より“美味しくて健康”を軸にした“ロカボ・健康志向商品”の開発に本格的に取り組んでいるそうです。



ローソン「健康ブログ」より、「ロカボ」についての説明やおすすめ商品(お菓子、スイーツ、パンなど)の商品情報について引用してご紹介します。


◆ロカボとは? ローソン公式「健康ブログ」より

「ロカボ」とは?


ロカボとは、糖質量を1日70g~130g(1食20~40g+間食10g)を目処に摂取する、緩やかな糖質コントロールをする食生活のことです。


※社)食・楽・健康協会より



ロカボで健康、はじめませんか。ローソンのおすすめ商品に「ロカボマーク」がついてます。

◆ローソンのロカボおやつ・スイーツ一覧

おやつにロカボ、揃ってます!

◆ローソンのロカボパン一覧

ブランだけじゃない “選べる”ロカボのパンを楽しもう♪

【まとめ】ローソンのロカボ商品のまとめ

ローソンのロカボ商品はSNSでも人気を集めているようです。口コミを見てみると、「まずい」などの意見はあまり見受けられず、ほとんどが好意的なものでした。一部を抜粋してご紹介します。


・「食べごたえも◎糖質制限中にワタシはいつもローソン使ってます。だらけたい時に便利!」

・「今日ローソン行った時にロカボじゃないスイーツの糖質量見てみたら凄かった!かつては気にせず食べてたけど、今は怖くて手が出せない」

・「クリームが適度な甘さでゆるロカボ生活の身には嬉しい♪ローソンはロカボパンやお菓子が豊富でほんと有り難い」


なお。ゆる糖質制限ダイエットなどをする人にとってはありがたい存在のようですね! 健康のことが気になりだしたら、ローソンのロカボ商品をチェックしてみてください。


掲載日:2020年08月31日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。