腰痛持ちの救世主!軽くて着膨れしないコルセット「hohoemi腰痛ベルト」

かつてぎっくり腰を経験して以来、腰痛と向き合っているという長島さんがおすすめしてくれたのが「hohoemi腰痛ベルト」。着ぶくれしにくく、腰痛の具合に合わせてサポートの強さも調整できるスグレモノなんだとか!

イチオシスト:長島 ともこ
二人の子供を持つフリーライター。出産を機に専業主婦に。母として不安や悩みと向き合ううち、「ママが読んでほっとする情報を発信したい」と、現職に復帰。子育てアドバイザーの資格を取り、育児、妊娠、出産の分野を中心に執筆を行う。PTA広報委員長を経験し、PTA関連書籍を出版。講演活動も。
保管袋つきで、持ち運びも便利

収納ポーチつきで、持ち運びも便利


腰痛持ちの人にとって、寒い冬は冷えの影響もあり、悪化が気になるシーズン。数年前の冬にぎっくり腰を患って以来腰痛と向き合う私ですが、これがあれば安心という腰痛お助けアイテムがあります。

それは、「hohoemi腰痛ベルト」。いわゆるコルセットなのですが、薄型で軽量なのに、腰をしっかりガードしてくれます。

着ぶくれしにくく、仕事に出かけるときの隠しまきもOK。腰痛の具合に合わせてサポートの強さも調整できるスグレモノです!

メッシュ素材で軽い!汚れが目立たない!

メッシュで通気性が良い

Wベルトでしっかりホールド、程よいしめつけ感

 
つらい腰痛のお助けアイテム

3D立体ボーンが腰のラインにフィットしてしっかりサポート


数年前の冬の朝、突然腰に激痛が走り近くの整形外科へ。ぎっくり腰と診断され、しばらくコルセットを使いましたが、そのときは白色で汚れが目立ちやすいのに加え、厚手で腰まわりがモコモコしてしまうのが悩みでした。

使い勝手のよいコルセットを求めて探しあてたのが、「hohoemi腰痛ベルト」。色はブラックで、汚れが目立ちません。また、メッシュ素材で薄くて軽く、通気性も良いため、ムレないところも気に入っています。

装着は、ボディーラインに合わせて巻くのがポイント。マジックテープでぴったり止めれば、腰がしっかり安定します。
 
1日すわりっぱなしの日にも、重宝

1日中座りっぱなしのデスクワークにも


薄いので、インナーの上に装着したまま外出しても着ぶくれ感はありません。長時間立ちっぱなし、1日座りっぱなしの日、長時間の移動をする日など、腰を酷使する日はゆったりとした服を選び、その下に腰痛ベルトを巻いてかけます。

特殊ボーンが体にフィット。洗濯もしやすい!

ABS樹脂性で汚れがつきにくい特殊ボーン

医療用ABS樹脂性で軽量、汚れがつきにくい特殊ボーン
 

ボーンは好みの本数で使用できる

オプションとして、柔らかいバネやアルミのボーンも販売されている
 

「hohoemi腰痛ベルト」は、ABS樹脂でできた弓なりの特殊ボーンが5本ついており、出し入れできるつくりになっています。腰のラインに合うよう、本数を変えて使用することができるのが大きなポイントです。

立ち仕事が多い人や、腰を曲げずに同じ姿勢が多い人は、4、5本使用すると、より腰痛予防になるようです。ちなみに私は通常は2、3本、痛みが気になるときは4本にしています。ボーンをはずせばベルトは洗濯機で丸洗いできて、すぐに乾きます。

腰痛が気になる人、腰回りをサポートしたい人、ぜひ「hohoemi腰痛ベルト」を試してみてください!
DATA
HoHoemi|HoHoemi腰痛ベルト(収納ポーチつき)

サイズ:S,M,L,XL,XXLの5種類
素材:ポリエステル100%
掲載日:2021年02月09日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。