テクニックいらずで美爪に!キューティクルリムーバー

手指の乾燥対策といえばハンドクリームが一般的ですが、ささくれ防止には、甘皮のケアに特化した製品を併用すると効果的です。カラーコーディネートガイドの松本さんが、石澤研究所の「アンドネイル キューティクルリムーバー」を紹介してくれました。

イチオシスト:松本 英恵
パーソナルカラー、色彩心理、カラートレンド(流行色)などをふまえたカラーコーディネートの提案、カラーマーケティングやカラー監修などを行っています。似合う色、売れる色をテーマにしたコラムや講演もご好評いただいています。著書に『人を動かす「色」の科学』(サイエンス・アイ新書)などがあります。
 
爪のまわりを潤いで満たす、石澤研究所「アンドネイル キューティクルリムーブペン」

甘皮を柔らかくするアボカドオイルのほか、ライムやホホバ種子などのオイルが配合されている


冬になると、爪の付け根の部分にささくれができることがありますよね。カラーコーディネートという職業柄、普段から美容にも気を遣うため、指先もきれいに保ちたいと思っています。ささくれや二枚爪などの爪トラブルは、爪の付け根部分の乾燥が原因なのだそう。

アンドネイルの「キューティクルリムーバー」は、テクニックいらずで甘皮処理ができる優れもの。コンパクトなペンタイプで、ポーチに入れて持ち歩けます。
 

\d払いがとってもおトク!/


 

ささくれができる原因は乾燥

爪先のささくれ、原因の1つは栄養不足。爪は皮膚の一部なので、タンパク質、ビタミン、ミネラル類をとることが大切です。さらに生活習慣が乱れると、爪や爪の周りも健やかに成長することができません。

水や洗剤などによる手荒れのほか、ネイルを落とすときの除光液に含まれるアルコールやアセトンが爪の乾燥を引き起こします。ささくれだけでなく、爪が弱くなり割れや二枚爪の原因にも。

ハンドクリームを付けてささくれを予防するほか、甘皮のケアを取り入れて、爪先の状態を良好に保つことが大切です。

 

テクニックいらずの甘皮処理

爪周りにオイルを塗布し、ソフトチップの平らな面を爪に押しあてながら、甘皮をやさしく押し上げます

斜めにカットされたソフトチップが甘皮をやさしく押し上げる


私は、ハンドクリームと併用してアンドネイルの「キューティクルリムーバー」を使っています。プロのネイリストが使用するネイルリムーバーは専用の道具やテクニックが必要です。しかし、自己流で処理すると甘皮を除去しすぎてしまうこともあります。

アンドネイルの「キューティクルリムーバー」は、甘皮ケアオイルとチップがひとつになった甘皮除去オイルペンなので、テクニックいらず、余分な甘皮をすっきりオフすることができます。

 

ライム&レモンの香りも◎

メイクポーチに入れやすい、スリムなペンタイプ

メイクポーチに入れやすい、スリムなペンタイプ


他社の製品もありますが、アンドネイルの「キューティクルリムーバー」は、甘皮をプッシュするチップが適度な硬さで、ダイアル式のペン先から出てくるオイル量を調節することができます。すっきり爽快なライム&レモンの香りは気分転換にもなります。

ハンドクリームよりもコンパクトなので、ポーチに入れて持ち歩くこともできます。甘皮に潤いを与えると、ネイルが映える指先になりますよ。
 
 

\d払いがとってもおトク!/



 
DATA
石澤研究所 | アンドネイル キューティクルリムーブペン

内容量:1.8ml
原産国:日本
掲載日:2020年01月27日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。