首や肩の力が抜けてラクになる!RAKUNAの「整体枕」

寝てもなかなか疲れがとれないという人は、枕を変えてみるのもひとつの手。慢性的な肩こりに悩まされているという美容ライターの遠藤さんが見つけたのは、RAKUNAの「整体枕」でした。仰向け、横向きなどどんな体勢でも朝まで心地よく眠れるのだそう!

イチオシスト:遠藤 幸子
アットコスメ公認ビューティストに認定されたことを足掛かりに美容ライター、エイジング美容研究家としての活動をスタート。美容コラムを執筆する傍ら、ラジオや月刊誌などのメディアに出演したり、コスメブランドなどの広告も手掛ける。いつまでもキレイでいたいと願う女性のためのコスメや美容情報を日々発信中。
 
RAKUNA,整体枕,首や肩の筋肉にアプローチする枕,枕,肩こり

通気性がよくて軽い、RAKUNAの「整体枕」。カバーを外すと黒のナイロンメッシュ素材


美容ライターとして活動する私の仕事の中心は執筆業です。毎月数多くのメディアの締め切りに追われていると、1日の大半をパソコンに向かうことになり、慢性的な肩こりや首のこりに悩まされてきました。

こりを解消するため、メンテナンスとして整体やジムに通ったり、自宅でストレッチを行ったりとさまざまなアプローチを続けています。その結果、以前より肩こりや首のこりが深刻ではなくなりましたが、それでも防ぎきれない最も辛い症状として、起き抜けの肩こりと頭痛がありました。

その原因が就寝中の姿勢にあるのではないかと感じた私は、枕を変えてみることに。しかし、なかなか満足できるものに出会えず……諦めかけながらもインターネットで物色していたときに見つけたのが「整体師が自分のために作った」という、RAKUNAの「整体枕」でした。

\d払いがとってもおトク!/



 

首のカーブに合わせて高さを微調整できるうえ、どんな寝姿勢にも対応

RAKUNA,整体枕,首や肩の筋肉にアプローチする枕,枕,肩こり

高さ1センチの調整パットがサービスで付いてくる


RAKUNAの「整体枕」は、オンラインで販売されています。オンラインで購入する場合、首のカーブや体格は人それぞれなので、自分に合うかどうか心配ですよね。

実際に私もその点に不安を抱いていましたが、本体カバーに内蔵できる1センチの高さ調整パットが付いていて、簡単に高さ調節できることに安心感を覚えました。私自身は、小柄で首のカーブもなだらかなので、調整パットを使わずに使用しています。

高さは、調整パットなしで首乗部が6.5センチ、頭乗部4.5センチ。これまで使ってきた枕より高めなので、実際に使ってみると最初は違和感がありました。しかし、仰向けで寝ると頭を預けるだけで首が解放されるので、自然なカーブに導いてくれるように! 肩に変な力が入らないのも楽ちんでうれしかったです。

さらに、仰向けだけでなく、横向きやうつ伏せに対応しているのも見逃せないポイント。横向きだと、自分にとって心地いいと思える首のカーブをそのまま維持することができ、うつ伏せだと胸を圧迫することもないので苦しくありません。そのため、寝返りを打っても心地よく使えます。

 

就寝中に頭がズレていく心配もナシ!

RAKUNA,整体枕,首や肩の筋肉にアプローチする枕,枕,肩こり

3D形状のため市販の枕カバーは合わない。私は専用の枕カバーを愛用中


眠りに落ちるまでは理想的な状態で枕を使えていたとしても、朝を迎えるまでに寝返りを打ったりして枕がズレてしまうことはこれまでもよくありました。しかし、RAKUNAの「整体枕」は、就寝中にいろいろな方向から力がかかることを想定し、安定するようベース形状に設計されているので、朝までぐっすり眠れます。

また、首を置く部分が幅広で安定するように作られていて、首の自然なカーブをサポート。そのため、就寝中に息苦しくなったり、おかしな姿勢になって肩や首に変な力がかかることも今のところありません。

就寝中は寝返りを打っているはずですが、この枕を使い始めてから仰向けで目覚めることが多くなりました。それにともない、朝起きたときに首や肩への負担を感じることが減り、就寝中、首や肩の状態が楽で心地いいと感じています。

就寝中、肩や首に力が入ってしまうことに悩んでいる人や、心地よい環境で睡眠を取りたい人はぜひ試してみてくださいね。

\d払いがとってもおトク!/



DATE
RAKUMA|整体枕

材質:本体/ポリエチレン100%、カバー/ポリエステル100%、調整パッド/ポリエステル100%(側地)・ポリエチレン100%(中材)
掲載日:2019年12月18日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

カテゴリ一覧