運動不足の解消に!持ち運びもできる「ストレッチバンド」で身体をケア

普段パソコンの前に座って仕事をすることが多いという竹本さんがオススメするのが、運動不足の解消に「TVを観ながらでも手軽に始められる」というストレッチバンド。愛用しているAWESOME STORE(オーサムストア)のストレッチバンドの使い方を教えてもらいました!

イチオシスト:竹本 道子
『太陽にほえろ!』のスクラップブックをつくり友人と盛り上がったこども時代。夕方の再放送が見たくて一目散に帰宅した青春時代。撮影現場を垣間見た平成時代。尽きないドラマへの好奇心は令和もつづく。
ストレッチバンド

 かわいくてリーズナブルなAWESOME STOREのストレッチバンド


パソコンで仕事をする時代、ますます体を動かす機会が少なくなってしまっていますよね。座りっぱなしによる運動不足、肩こり、腰痛、目の疲れと気になることはいっぱい。運動の必要性を年齢を重ねるごとに強く感じ、ちゃんと運動をする決心をしました。

「ストレッチバンドがいい」と、運動習慣のある若い友人に教えられ、専門店を探し回りました。使いこなせるか不安もあって、まずはシックなピンクが可愛くてリーズナブル、手軽に使えそうなAWESOME STORE(オーサムストア)のストレッチバンドで試してみることに。それでもしっかりしたつくりで、なかなかの優れもの、ストレッチするたびに「効いている」ことがわかります。

ふだん使わない部分をしっかり使うことで、カラダの調子は上向きに!

ストレッチバンド

テレビを見ながら気楽に気軽にできる
 
 

イラスト付きの説明書も入っていますが、YouTubeでもストレッチバンドの使い方は紹介されています。

私の場合は肩こり対策と足首の強化が中心。運動することでケガの予防にもなるし、ケガをしても回復力が違います。

バンドの縮もうとするチカラに逆らって、グイっと伸ばすのがストレッチの第一歩です。普段よくすることは2通り。ひとつ目は、右と左で引っ張り合いながら二の腕をグイっと伸ばし肩甲骨を刺激すること。いわゆる”イタ気持ちいい”くらいで続けています。

2つ目は、テレビを見ながら、つま先にストレッチバンドをひっかけて足首を延ばす、足首を曲げる、を繰り返す運動。足首、足の指をしっかり動かし、ふくらはぎを刺激します。
 

パソコンにスマートフォン。ストレスは体だけではない。

ストレッチバンド

肩はもちろん目も脳もつかれるデスクワーク。気持ちも疲れているときこそ、体を動かすことが大事


毎日どんなに頑張っても仕事が追いつかず、とても運動する気分じゃないときがありますよね。しかし、そういうときこそ体を動かすようにしています。運動することで心がリフレッシュすることも少なくありません。何かが解決するわけではないのですが、なんだかスッキリして前向きになれるから不思議です。

座りっぱなしで、凝り固まっている部分をグッと伸ばす、あるいは縮めるだけでOK。AWESOME STOREのストレッチバンドはクルクルっと小さく収納できるので、持ち運びしやすいのも特徴。オフィスでも活躍しそうです。

ストレッチすると背筋が伸びて姿勢がよくなり気持ちが晴れていくこともあれば、脳がリフレッシュしていいアイデアが出てくるなんてこともあります。気軽に気楽に、でも意識してストレッチバンドを活用してください。

運動することで見える景色が変わってくる。そういうこともきっとあります。


DATA
AWESOME STORE┃ストレッチバンド

サイズ:120×12cm
掲載日:2021年02月02日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。