パサつき髪を改善!スキンモード搭載のパナソニックのドライヤー「ナノケア」が超優秀

肌だけでなく、髪の乾燥も気になる冬。美容家電にくわしい家電ライターの田中さんがおすすめするのは、パナソニックの人気ドライヤーの新モデル「ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B」。「びっくりするほど髪がしっとりする」だけでなく、なんと肌のケアもできちゃうんだそう! 詳しい使い方を教えていただきました。

イチオシスト:田中 真紀子
白物家電をはじめ生活雑貨、家事、住まいなど、暮らしにまつわるモノ・コトの取材・執筆を行うフリーライター。中でも家電に関する執筆が多く、雑誌やウェブで検証やレビューを行っている。得意分野は、美容家電。働く女性として、一児の母として、忙しくてもきれいになれる美容家電を見つけ、各媒体でも紹介している。

パナソニックの人気ドライヤー「ナノケア」とは

ナノイーの水分発生量が約18倍になった「ナノケア EH-NA0B」。髪のしっとり感も半端ない!

「ナノケア」 は2005年の発売以来売れ続け、2018年7月には国内累計販売台数1100万台を突破した人気シリーズ


パナソニックのヘアードライヤー「ナノケア 」が良さそうだ、という評判をお聞きになったことがある人も多いのではないでしょうか。

人気の秘密は、パナソニック独自のイオン「ナノイー」。最近はマイナスイオンを放出するドライヤーも増えていますが、ナノイーはマイナスイオンの約1000倍以上もの水分量を含んでおり、髪に浸透して髪の水分量をアップしてくれるのです。

そのナノケアがパワーアップ! 2019年9月1日に登場した「ナノケア EH-NA0B」は、水分発生量が従来モデルのなんと18倍という「高浸透ナノイー」を放出するようになりました。

美容家電ライターとしてそのスペックに注目していましたが、今までとの違いは、使ってみればすぐに分かります。

使って実感! トリートメントしたように、しっとりなめらか

新製品発表会の様子。ナノイーの水分発生量が約18倍になり、髪の水分増加量も約1.9倍に!

田中さんも家電ライターとして参加したという新製品発表会


基本の使い方は、スイッチを「TURBO」か「DRY」にして、温風モードで髪の毛を9割くらい乾かした後に、温冷リズムモードに変えて、手ぐしで髪を整えながら完全に乾かします。そして仕上げにスイッチを「SET」にして、毛先集中ケアモードで毛先に風をあてるだけ。

実際使ってみると、ナノケアの風を髪に当て始めてまもなく、髪がしっとり、サラサラに。手触りもサロンでトリートメントをしてもらった後のようになめらかで、「えっ、これ本当に私の髪?」と何度も触って確かめたくなるほど(笑)。

それもそのはず、従来に比べ、髪の水分増加量1.9倍を実現したそう。キューティクルのすき間から髪内部にまで浸透するだけでなく、開いたキューティクルもキュッと引き締めてくれるので、水分を閉じ込めて手触りもなめらかになるというわけです。

オススメの使い方は、朝、出かける前にナノケアで髪全体に高浸透「ナノイー」をかけ、軽くヘアオイルをつけてコーティングしておくこと。これで夜まで、つるんとした髪がキープできました!
新ナノケアを使ったあとの感想は「しっとり」「するん」「とろ~り」「ぽってり」……と、いろいろな表現が思いつきます

『しっとり』『するん』『とろ~り』『ぽってり』……と、いろいろな表現が思いつく!

ドライヤーで肌ケア!? 「スキンモード」の使い方

肌ケアができる「スキンモード」とは

「スキンモード」とはお風呂上がりの乾燥しやすい肌におすすめのモードです。髪と同じくナノイーとミネラルを含んだ風をあてることで、肌の潤いを保ちしっとり肌をキープしてくれます。

「スキンモード」の使い方

https://panasonic.jp/hair/products/dryer/EH-NA9E/mode.html#mode01


使い方は簡単!髪全体を乾かし終わった後に、電源スイッチは「SET」、風温切替ボタンは「COLD」を選び、吹出口をあご先から約20cm離して、本体を左右に振りながら約1分間目を閉じながら顔全体に風をあてるだけ。

化粧水や乳液などのスキンケアは、普段と同じ方法・タイミングで使ってOKです。

効果をより実感するコツ

風をあてるだけでスキンケアまでできちゃう「ナノケア」ですが、こちらのスキンモードに関しては「効果がわからない」といった口コミもあります。一方で「肌がぷるぷるになった」というような口コミも多くあるので効果の実感には個人差があるようです。

パナソニックの公式ページには、「ナノイー」やミネラルマイナスイオンの効果を感じるための効果的な手順というものが紹介されており、スキンモードは髪を乾かした後の最後のタイミングで使うのが良いようです。

しっかりと効果を感じたければ参考にしてみるといいかもしれません。

他にも気になる機能がたくさん!

・温冷リズムモード
温風と冷風を自動で交互に切り替えることで、温風であたためながら髪のくせをのばして、冷風で冷やすことでしっかりまとまりをキープします。髪の表面が整うので、光が反射し、ツヤツヤでしなやかな髪に仕上がります。

・毛先集中ケアモード
周囲の温度をセンサーで自動検知し、最適な間隔と風量で毛先の仕上げに適した温風・冷風を交互に発生させることで、毛先集中的にケアできます。

・スカルプモード
地肌にやさしい約60 ℃の風で地肌の表面に残った表面の水分を乾かし、ベタつきなどの不快感の原因を取り除いてくれます。

・インテリジェント温風モード
室温に合わせて、ドライヤーが風温を自動でコントロールします。夏のお風呂上りなど、暑くてヘアードライヤーの温風が不快なときにおすすめです。

パナソニック「ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B」のまとめ

髪の乾燥が気になっている人には、使えば使うほど髪質がアップする「ナノケア EH-NA0B」をイチオシします。

自分への投資に一度ナノケアを試してみてはいかがでしょうか。

DATA
パナソニック株式会社┃ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B

サイズ:高さ22.8×幅21.4×奥行9.2cm
重量:約575g
温風温度:ホット時:125℃(ドライ・室温30℃の時)、スカルプモード時:60℃(室温30℃の時)


掲載日:2021年03月20日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。