沖縄の海塩「ぬちまーす」の歯磨き粉「NUCHIMU」で口腔内を徹底ケア

沖縄在住の稲嶺さんがおすすめしてくれたのは歯磨き粉「NUCHIMU(ヌチム)」。ギネスにも認定されたミネラル豊富な沖縄の海塩「ぬちまーす」から生まれた薬用の塩歯磨きで、多数のミネラルを含んでいるんだそう!

イチオシスト:稲嶺 恭子
大手出版社で情報誌編集に携わり、退社後シンガポールへ。現地日本人向け情報誌編集部を経て、帰国後は沖縄へ移住。シンガポール、沖縄での経験を生かして、2007年よりフリーランスの編集&ライターとして、主にアジアと沖縄をテーマとしたガイドブック・雑誌・書籍・ウエブ媒体などで活躍中。
ぬちまーす 歯磨き粉

ミネラル豊富な沖縄の海塩「ぬちまーす」の薬用歯磨き粉「NUCHIMU」
 

塩に含まれるミネラル含有量でギネスにも認定された、沖縄の海塩「ぬちまーす」。そんな島の恵みから生まれた薬用歯磨き粉が「NUCHIMU(ヌチム)」。

21種類のミネラルなどを含んだ塩歯磨きは、私のイチオシのオーラルケアアイテムです。
 

口内を浄化してくれる塩歯磨き 

日本の40歳以上の約8割が注意すべき状況にあるという歯周病。これを防ぐには毎日のケアが大切になってきます。

私が愛用する薬用歯磨き粉「NUCHIMU」はイソプロペル、メチルフェノール、酢酸トコフェロールが含まれており、歯周炎(歯槽 膿漏)を予防することができます。毎日の歯磨きにおすすめです。
 

ミネラル豊富な沖縄の塩で口腔内を徹底ケア

沖縄のメディアに携わる仕事をしている私がこの歯磨き粉と出会ったのは、「ぬちまーす」の塩を取材させていただいたときでした。

沖縄県うるま市の宮城島にある「ぬちまーす」では、「常温瞬間空中結晶製塩法」を用いて塩を作っています。この製法を用いることで、それまで自然塩に含ませることができなった微量なミネラルまで豊富に含ませることができるため、「ぬちまーす」の塩には、人間が必要なミネラルがバランスよく含まれているのだそう。2000年には、ミネラル含有種類の多さでギネスにも認定されています。なんと21種類です。
 

沖縄の聖地の海から生まれる塩歯磨きで口腔内も癒される

さらに、「ぬちまーす」の施設は沖縄の聖地と言われる場所にあり、島内でも抜きんでた美しさの海が目の前に広がっていて、「ぬちまーす」はこの海の水を原料に塩づくりを行なっています。なんだかそれもスペシャルな感じがしませんか?

「NUCHIMIU」は、そんな「ぬちまーす」の塩を使用し、ミネラル豊富な塩歯磨きとして私たちの口内のさっぱりと浄化してくれるのです。
 
沖縄の塩はさまざまな可能性を秘めていると、私は常々思っているのですが、聖地の海水から作る「ぬちまーす」はなかでも特別なもの。これで歯磨きすると心も体も清々しい気分になれるので、取材先に携帯することもよくあります。

もちろん、気になる歯周病の予防や口内の浄化にも実力を発揮してくれるので、私のお口のケアには欠かせないアイテムです。みなさんも、沖縄の海の恵みでお口のケアを始めてみませんか?
 

DATA
日本ゼトック株式会社┃薬用歯磨きNUCHIMU

内容量:100g
掲載日:2021年03月09日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。