体のなかから温める「生しぼりしょうが湯」で美味しくリラックス

飲み物や食べ物で体の中からほかほか温まる感覚を得ることができると、気持ちもリラックスしてホッと落ちつきますよね。カイロプラクティック理学士の檜垣暁子さんがオススメしてくれたのが「生しぼり しょうが湯」。とろみがあり、健康的に空腹感を満たしてくれるんだとか。

イチオシスト:檜垣 暁子
カイロプラクティック理学士・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員。現在は、横浜市に治療室を開院し、日々、肩こりや腰痛を始めとする不調を訴える患者さんの診療に当たっています。読者の皆さんの肩こり・腰痛の緩和や予防に役立つよう、詳しい情報をお伝えしていきます。All About カイロプラクティック理学士 / 肩こり・腰痛 ガイド
ひと箱に20袋入っているので常備しておくにも便利です

ひと箱に20袋入っているので常備しておくにも便利

体を温めたいときは、衣類やホッカイロなどで体の外から温めるとともに、飲み物や食べ物で体の中からほかほか温まる感覚を得ることができると、気持ちもリラックスしてホッと落ち着くことがありますよね。そこでおススメなのは「生しぼり しょうが湯」。しっかりと甘味もあるので、小腹が空いたときやおやつに飲むと、体もぽかぽか、お腹も満たされます!

しょうがの味もしっかり感じる美味しさ

溶かす前の粉末の状態です

溶かす前の粉末の状態

しょうが湯にもさまざまな製品があると思いますが、粉末のしょうが湯の中でも甘味がしっかりとしていておすすめなのが、「生しぼり しょうが湯」。甘さがありながらもしょうがの味も負けずに感じることができ、喉のあたりが心地よく刺激されます。飲んでいるとホッとして気分的に落ち着き、飲んだ後はぽかぽか温かくなるように感じます。

体が温まりそうな飲み物として寒さを感じたときにも「生しぼり しょうが湯」はぴったりですが、もうひとつおススメの楽しみ方があります。それは、小腹の空いたときにいただくことです。甘さがしっかりあることと粉末をお湯で溶かした後のとろみが、空腹感をやわらげてくれます。お腹が落ち着くとともにぽかぽか温かく感じると、これもまた気分的に落ち着くことへ繋がるのではと思います。

高知県産のしょうがを使用

とろみがありしょうがの存在もしっかり感じることができます

とろみがありしょうがの存在もしっかり感じることができる

「生しぼり しょうが湯」は、国産原料のみを使用しているところもポイント。しょうがは、高知県産のしょうがを生のまましぼり、かりんエキスが加えられています。体が冷える季節にはもちろんですが、緊張感のあるイベントの前など、ちょっとそわそわしている時などに、ホッカイロなどで外からも温めながら「生しぼり しょうが湯」を飲むと、ひと呼吸つけるかもしれません。

冷えが気になる人は、職場のデスクに置いておいても良し。また、ひと箱に20袋入っていますので、ご家族で楽しむこともできます。体をぽかぽか温めて快適に過ごせるようにしたいですね!

DATA
協和
生しぼり しょうが湯
量:18g×20袋
掲載日:2020年10月18日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。