こだわりの自然素材で安心!クヴォン・デ・ミニムの「庭師のハンドバーム」

冬はもちろん、1年中手の乾燥に悩んでいるというフランス在住の野口さんが紹介してくれたのは、フランスの老舗ブランド「クヴォン・デ・ミニム」の、「庭師のハンドバーム」。しっかりうるおうのにベタつかず、爽やかな香りが特徴だそう。

イチオシスト:野口 裕子
パリ在住。パリのトレンドや旅行記のライター、グラフィックデザイナー、イラストレーターとして、ウェブをはじめ、書籍や雑誌など様々なメディアで精力的に活動中!パリに恋したガイドならではの視点が優しく、女性ファン多数。All About フランス ガイド を務める。
クヴォンデミニム

庭師の手もうるおう「ハンドバーム」
 

冬はもちろんのこと、夏でも常に手の乾燥に悩む私にとって、いつでもどこでも手荒れに対応できるハンドクリームは必携アイテム。



パソコン作業が多いので、うるおいを求めながらもベタつきは避けたい。そんなときに見つけたのが、フランスの老舗ブランド、クヴォン・デ・ミニムの「ガーディナリウス 庭師のハンドバーム」。

さっぱりとしたつけ心地と爽やかな香りが特徴のハンドバームです。


\d払いがとってもおトク!/


ベタつかずにうるおうハンドバーム

クヴォンデミニム

さっぱりとうるおう質感
 

夏でも手の乾燥に悩む私は、1年中ハンドクリームが手放せません。

日本製のもの、フランス製のものといろいろと試しましたが、今までで一番つけ心地が良かったのが、フランスの老舗ブランド、クヴォン・デ・ミニムの「ガーディナリウス 庭師のハンドバーム」です。

ハンドクリームではなく”ハンドバーム”というだけあり、シアバターを20%も含んでいるので、少量でもうるおい効果を発揮してくれます。

塗った途端にすっと肌になじんでいき、ベタつきを感じることはないので、お気に入りです。

400年の歴史を持つブランド「クヴォン・デ・ミニム」

「クヴォン・デ・ミニム」は、1614年に南フランスに設立されたミニム修道院(クヴォン・デ・ミニム)とルイ14世に仕えた植物学者のレシピを起源とする、400年の歴史を持つブランドです。



「ロクシタン」の姉妹ブランドでもあり、自然素材にこだわっているのが特徴です。

2018年からは原料をすべて植物性にし、ヴィーガンコスメのブランドとしてリニューアルしています。


爽やかな香りとサイズもGood

ミモザやヴァーベナ、カモミールといった植物をふんだんに使い、

レモンのような柑橘系を彷彿とさせる爽やかでさりげない香りも気に入っています。

香りは持続性がなく、時間とともに徐々に消えていきます。



30mlと75mlの2サイズあり、30mlはコンパクトで持ち歩きに便利。

外出時のポーチに必ず入れて、いつでもどこでもさっと塗れるのが良いですね。乾燥しがちなこれからの季節に活躍してくれること間違いなしです。


\d払いがとってもおトク!/



DATA
クヴォン・デ・ミニム | ガーディナリウス 庭師のハンドバーム

内容量:30ml、75ml

掲載日:2021年04月08日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。