プチプラなのに保湿力◎!セラミド配合のmuqna(ムクナ)の化粧水

「コスメの価値は決して価格では決まらない」が信条だと語るのは、コスメに詳しい遠藤さん。最近出会った、muqna(ムクナ)「 化粧水 しっとり」は、プチプラなのに良質な保湿成分がたっぷりでお気に入りなのだとか! 丁寧に肌と向き合いたい方におすすめだそう。

イチオシスト:遠藤 幸子
アットコスメ公認ビューティストに認定されたことを足掛かりに美容ライター、エイジング美容研究家としての活動をスタート。美容コラムを執筆する傍ら、ラジオや月刊誌などのメディアに出演したり、コスメブランドなどの広告も手掛ける。いつまでもキレイでいたいと願う女性のためのコスメや美容情報を日々発信中。All About 化粧品・コスメ ガイド
 
muqna,ムクナ,東急ハンズオリジナル,化粧水,プチプラ化粧水,しっとり,保湿

ブランド名の由来は無垢な自分に。呼吸をするように自分に溶け込み、深呼吸をするように角層まで潤う自分本来の美しさへ導く―ーというコンセプト


「コスメの価値は決して価格では決まらない」というのが私の信条。プチプラでいいものを見つけると、つい嬉しくなり、人に勧めたくなるんです。そんな私が最近出会ったお気に入りの化粧水は、muqna(ムクナ)の「化粧水 しっとり」です。

muqna(ムクナ)は、2018年12月に誕生した、東急ハンズのプライベートブランド。スタッフがお客さまの声を集約し、それに応える形で商品が開発されたのだとか。

保湿に特化したシンプルケアを提唱するブランドというだけあって、じっくりと自分の肌と向き合い、自分の肌力を育むケアにぴったりのアイテムでした。
   

職業柄、新商品の「成分表示」を巡回すると……

この商品との出会いは、東急ハンズのコスメコーナーを物色していた時。美容ライターという仕事柄、ついつい新商品の成分表示をチェックしてしまうのですが、その内容に驚きました。

なぜなら、お求めやすい価格に反して、セラミドEOP・ヒアルロン酸Na・加水分解コラーゲン・水溶性プロテオグリカン・カミツレエキス・グリセリンなどの保湿成分が配合されているから!

特に、日頃から「乾燥にはセラミド」と言っているほど、セラミドには絶大な信頼を寄せている私。肌のバリア機能に必要で、水分を蓄えて保湿する油分の一種。敏感肌用や機能性スキンケアなどに含まれていることが多い成分なんです。

まずは自分の肌で試してみたいと思い、少量サイズを購入しました。

 

とろみがあり、「じんわり」と乾いた肌を包み込む使用感

muqna,ムクナ,東急ハンズオリジナル,化粧水,プチプラ化粧水,しっとり,保湿

「とろみのあるテクスチャーでまろやかさも感じます」と遠藤さん


もともと潤いがチャージされている肌にこういった商品を使用しても、効果がわかりにくいもの。そこで、前夜肌に何もつけずに眠った翌朝、洗顔を済ませてから使ってみることに。

すると、とろみのある液が乾いた肌にじんわりと馴染み、潤いに包まれるのを感じることができました。繰り返し化粧水を入れ込むとさらにもっちり感が出てきました。それでいてベタつきはなく、なめらかな肌触りになるところにも好感が持てました。

忙しい朝には「じんわり」を待てない! という声も聞こえてきそうですが、肌の状態と向き合いながら丁寧なスキンケアをしたいときや、夜のリラックスタイムの使用におすすめです。

 

べたつかないのに潤うのが、今の季節感に合ってます

muqna,ムクナ,東急ハンズオリジナル,化粧水,プチプラ化粧水,しっとり,保湿

「セラミド」「ヒアルロン酸」「水溶性プロテオグリカン」の保湿成分はmuqna(ムクナ)シリーズすべてのアイテムに配合


私の皮膚は薄く水分を抱え込む力が弱いので、保湿は年中留意しなければいけないケア。季節やホルモンバランスなどを意識してスキンケアアイテムを入れ替えていく必要があると考えているので、べたつかないのに潤う使用感は、今の季節にぴったりだと感じました。

アラフォーともなると、年々肌悩みは増えていきます。そのため、つい最先端技術を駆使した多機能コスメに手が伸びがちです。

でも、その前に自分のスキンケアを振り返ってみてください。「しっかり汚れを落として、肌に必要な潤いを与える」という、基本のケアがきちんとできていますか?  その答えに自信がない人にこそぜひ試してほしい化粧水です。
​​​​​
 

DATA
株式会社東急ハンズ┃muqna(ムクナ) 化粧水 しっとり

内容量:50ml/160ml/400ml
掲載日:2021年03月22日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。