これ1本で髪がまとまる!ロクシタンの「ファイブハーブス リペアリングヘアオイル」

気候条件による髪のトラブルに悩みを抱える方も多いのでは?フランス在住で、美容アイテム、ヘアケアアイテムにも詳しい野口さんがおすすめしてくれたのが、フランスのメーカー・ロクシタンの「ファイブハーブス リペアリングヘアオイル」。湿度が高い日や、雨降りの日が多い時期にはとくに重宝しているんだとか!

イチオシスト:野口 裕子
パリ在住。パリのトレンドや旅行記のライター、グラフィックデザイナー、イラストレーターとして、ウェブをはじめ、書籍や雑誌など様々なメディアで精力的に活動中!パリに恋したガイドならではの視点が優しく、女性ファン多数。
ロクシタン

これ1本で髪の悩みが少なくなる!
 

夏の雨や紫外線、冬の乾燥など、1年を通して髪の悩みは尽きません。とくに傷みやすい髪質だと、気候の変化ですぐにパサついたり、クセが直らなかったりと苦労したりすることが多く、なんとなく1日がブルーになったりしますよね。

そんな方におすすめしたいのが、ロクシタンの「ファイブハーブス リペアリングヘアオイル」です。これ1本でケアからスタイリングまで、いろいろな役割を果たしてくれるので、髪のトラブルで悩む女性にとって強い味方になるでしょう。
 

雨の日やジメジメする日の悩みが解決!

湿気の多い日や雨の日に、髪が膨張してパサついてしまうのは、傷んでいるダメージ部分に水分が入り込んでしまうからです。私の場合は毛先部分が痛みやすく、寝グセなどでいったんクセがついてしまうとなかなか直ってくれません。ドライヤーを強く当てて直すしかなく、さらに髪が傷んでしまうという悪循環に陥っていました。

ダメージケアに効くシャンプーやコンディショナー、トリートメントなど、「髪に良い」と言われているものをいろいろ試しましたが、あまり効果がなかったり、変にベトついたりと、なかなか自分に合っているものには巡り合えませんでした。

「コレ!」と思えるヘアケア製品を探し、ついにたどりついたのがロクシタンの「ファイブハーブス リペアリングヘアオイル」です。これを使ってから髪のパサつきがなくなり、まとまるようになりました。湿度が高い日や、雨降りの日が多い時期にはとくに重宝しています。

 

ドライヤー前に軽くなじませるだけでOK!

「ファイブハーブス リペアリングヘアオイル」の使い方はとても簡単です。シャワーの後、軽く髪をタオルドライし、毛先を中心に髪に全体的になじませるだけ。その後は、通常どおりドライヤーで乾かします。私の髪は短めなので、手のひらに1プッシュ半ほど出せば十分です。

うれしいのは、翌朝クセが出ても、ドライヤーを軽く当てればすぐに直ってくれるというところ。無理やり長い間ドライヤーを当てて矯正する必要がなくなり、時短が実現できたうえにダメージも少なくなりました。

 

簡単なスタイリングやダメージ防止にも

もうひとつ、「ファイブハーブス リペアリングヘアオイル」で私が気に入っている点は、オイルなのに少量で効力を発揮してくれて、ベトつかないところです。ラベンダーやイランイランを使ったハーブの香りもしつこくなく爽やかで、使用感も抜群。ちょっとクセを直したいときのスタイリング剤としても使えます。夏のダメージヘアの原因となる紫外線予防にも役立ってくれます。
 
1本あればマルチな使い方ができるオイル。持っていると便利ですよ。
   
DATA
ロクシタン | ファイブハーブス リペアリングヘアオイル

内容量:100ml
掲載日:2020年12月12日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。