手土産としても◎!カルディで買えるラ・カンティーヌ「豚肉リエット」

管理栄養士の松田さんが家飲みで重宝しているというのが、カルディなどで販売されているラ・カンティーヌの「豚肉のリエット」。豚肉ならではの脂の甘さが絶妙で、ピクルスやマスタードとも相性抜群なのだとか! パッケージもかわいいので、手土産としても喜ばれます。

イチオシスト:松田 真紀
管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。株式会社バードワークス代表取締役。自ら18才から15年以上20kgの体重増減、摂食障害に。苦しいダイエット生活の末辿り着いた「仲間との楽しいお酒と食事」が「無理しない、簡単なダイエット法」として好評を博し、300以上の施設団体など多方面で活躍中。
カルディで販売されている「ラ・カンティーヌ 豚肉のリエット」

かわいいパッケージで手土産にも使える!「ラ・カンティーヌ 豚肉のリエット」


私が家飲みのときの手土産などで重宝しているのが、カルディなどで販売されている「ラ・カンティーヌ 豚肉のリエット」。リエットとは、豚肉、にんじん、玉ねぎ、ワインを煮込んだもの。見た目よりも優しい味わいで、豚肉ならではの脂の甘さと野菜の甘さとふんわりした食感が味わえる1品です。

バケットはもちろん、生野菜とも相性抜群

食べきりにちょうど良いサイズ

食べきるのにちょうど良いサイズ。お皿の上に出し切って使っても◎


私はバケットに塗らず、生野菜をたっぷり食べるソースとして使います。目安は、リエット1に対して野菜は3倍。野菜は色の濃いベビーリーフをチョイスします。茎が赤いものを選ぶと、ポリフェノールが取れますし、緑色が濃さはクロロフィルという抗酸化の色。この程よい苦味が豚肉の脂の甘さで美味しくいいただけます。

そして必ず、たっぷりのピクルスとマスタードを添えます。ピクルスもマスタードも酢が使われており、酸味のもつ脂肪燃焼効果によってエネルギー代謝を高めてくれるからです。

ピクルスは砂糖が使われていないフレッシュタイプ、マスタードは粒のない「マイユのディジョンマスタード」と決めています。これは欠かせません! マスタードには砂糖が入っているものが多いですがこれは全然違います。風味がよく、リッチな味わいです。
 
カルディセット。ディジョンマスタード、ピクルスとともに。

カルディセット。ディジョンマスタード、ピクルスとともに。


そしてこの使い切りサイズが良いんです。私はお皿に出して使い切ります。リエットは火を通してありますが、一度封を開けたものは酸化が進みます。どんな脂でも酸化は健康の大敵なので、1回の食事で使いきれるサイズが嬉しい。

かわいい陶器なので、お家パーティの時も喜ばれます。私はベビーリーフ、ピクルスとマスタードもセットで持っていきます。

そのままお皿に開ければ、野菜たっぷりのデリプレートの出来上がり。ワインにもビールにも合うし、年齢的に糖質を気にする人が増えたので、スイーツより評判がいいかもしれません。ぜひお試しください。

DATA
ラ・カンティーヌ|豚肉のリエット

内容量:50g
原材料:豚肉、豚脂、野菜(たまねぎ)
 
掲載日:2020年09月15日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

カテゴリ一覧