乾燥小じわに効く!アラフォー世代には米肌の美容オイルがオススメ!

アラフォー世代に多い肌悩みといえば、乾燥小じわ。実は皮脂不足が原因だって知っていました? 美容ジャーナリストの城後さんがおすすめするのが、油分を効率よく補える二層オイル美容液。とにかく浸透が速く、日中の保湿強化にもぴったりなんだそう!

イチオシスト:城後 紗織
美容ジャーナリスト。大学在学中より、女性誌編集スタッフとして執筆活動をスタート。独立してキャリアを重ねる一方、出産後の多忙な経験から時間をかけずにキレイになれる美容法を追求。著書「時短メイクbeauty」をはじめ、雑誌やWebを通じて独自の時短美容テクを発信中。

皮脂不足で乾燥しがち…アラフォー世代こそオイル美容液

乾燥する秋~冬は、いつも以上に”小じわ”が気になる

乾燥する秋~冬は、いつも以上に”小じわ”が気になる


ただでさえ肌が乾くこれからのシーズン。そのうえ40代ともなると、若い頃には気にならなかった肌悩みが表れてくるものです。私も先日、鏡の中の自分の目元にちりめん状の小じわを発見して大ショック!

こうした乾燥小じわの原因として考えられるのが、皮脂不足です。皮脂の分泌量は30代後半あたりから少しずつ減っていき、40代に入ると急激に減少。油分が減少すると、潤いをキープする力が弱まって肌が乾燥しやすくなり、ハリやツヤが失われ、小じわも目立ちやすくなるのです。そう、アラフォーの肌はより多くの油分を欲しているということ!

油分を補うには美容オイルを使うのが手っ取り早い方法なのですが、中には「オイルって表面だけベタついて、しっかり浸透している実感がない」という人もいるのでは。
 

日本人には馴染みの深い、お米から作られているのもイチオシの理由


私が肌の油分を補うために使っているのが、米肌の「肌潤トリートメントオイル」。このところ増えている、二層オイル美容液です。米ぬか油をベースとしたオイル層とコメ発酵液が配合された美容液層に分かれていて、二層が混ざり合うようによく振ってから使います。そのまま手に取って肌になじませるだけで、油分と水分をバランスよく同時に補える優秀なアイテムなのです。
 

ボトルを振ると混ざり合って白濁。オイルが肌を柔らかくほぐしながら、美容液の潤い成分を送り込む

化粧水並みの浸透力! 時間のない朝でもOK

 

通常のオイルは適量を出すのが難しいが、こちらは容器も工夫されており、一滴単位で調節可能


そしてこのオイルがすごいのは、なんといっても浸透が速いところ。まるで化粧水のようにスーッと肌になじみ、オイルとは思えないベタつきのなさに驚きます。だから、夜はもちろん、朝のケアにもすごく使いやすい! ほどよいツヤが出て、メイクのノリもアップします。日中の乾燥からもしっかり守ってくれますよ。

化粧水の後に使うのが基本だけれど、肌がごわついている日は、洗顔後すぐの肌になじませてブースターとしても使っています。朝晩しっかり使って1か月は持つので、コスパも上々。

肌にとっては過酷な冬も、このオイルをうまく味方につけて、乾燥知らずのふっくら肌を目指します!

■DATA
コーセー|米肌 「肌潤トリートメントオイル」

内容量:25ml
掲載日:2020年11月24日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。