忙しい時に「ながらリフトケア」!ヤーマンの「メディリフト」

顔のたるみが気になるけれど、忙しくてケアする時間がない……。そんな人にオススメの美顔器がヤーマンの「メディリフト」。手を使わずないから、家事など別の作業をしながら、と「ながら美容」ができるんです!

イチオシスト:田中 真紀子
白物家電をはじめ生活雑貨、家事、住まいなど、暮らしにまつわるモノ・コトの取材・執筆を行うフリーライター。中でも家電に関する執筆が多く、雑誌やウェブで検証やレビューを行っている。得意分野は、美容家電。働く女性として、一児の母として、忙しくてもきれいになれる美容家電を見つけ、各媒体でも紹介している。

時間が無いとは言わせない!家事をしながらリフトケアできる

マスクのように装着するウェアラブル美顔器「メディリフト」は、まさに”ながら美容”を叶える究極の美顔器です

マスクのように装着するウェアラブル美顔器「メディリフト」は、まさに”ながら美容”を叶える究極の美顔器です
 

年齢を重ねると気になってくる顔のたるみ。若いころははっきりしていたフェイスラインがぼやけてきて、鏡に映った姿を見て「老けたなぁ」と落ち込むことはありませんか? 私もある年を機に、突然顔と首の境目が分かりにくくなり、慌ててリフトアップ用の美容家電を取り出して、頑張っています。

美容家電は使い続けることが大切のですが、忙しさにかまけてついサボってしまうと、そのまま使わなくなってしまうことも多いんですよね……。

そんな私が「これなら続けられる!」と確信し、実際に続けているのがこちら、ヤーマンから発売されたウェアラブル美顔器「メディリフト EP-14BB」です。
 

EMSで顔の筋肉をトレーニング&リリース

まずサイドの固定バンドを頭の後ろで留め、下部の固定バンドをアゴのラインに沿って頭頂部まで引き上げて留めれば、しっかり固定されます

まずサイドの固定バンドを頭の後ろで留め、下部の固定バンドをアゴのラインに沿って頭頂部まで引き上げて留めれば、しっかり固定されます

一言でいえば、顔専用のEMSマシン。シリコーン製マスクを顔に装着すれば、なんと手を使わずに顔の筋トレができるのです。ただし顔の筋肉はやみくもに鍛えていいわけではありません。

メーカーによると「部位によっては鍛えることでかえって顔を大きくしてしまったり、シワの原因になる場合もある」ため、このメディリフトは、独自にプログラミングされたEMS電極が「大頬骨筋」「小頬骨筋」をトレーニングし、「咬筋」は緩める(リリースする)ことで、リフトアップを狙います。

ではさっそく装着してみましょう! 
こんな感じで、シリコーン製のバンドでがっちり固定すると、EMSが目的の筋肉にフィット。あとはボタンを押せば10分間、EMSの電流がリリースしたり、トレーニングしたり、と筋肉にアプローチするので、手軽に“顔の筋トレ”ができちゃいます。

使用感は、リリース時がジンジンと心地よいマッサージ感、トレーニング時はギュッと引き締められる感覚。使い終わると筋肉を動かした余韻がじわじわ広がり、頰の位置が上がった実感が味わえます。
私の場合、パソコンで原稿を書きながら使用することが多いです。たまに目の近くがピクピク動くときは、モニターがよく見えませんが(笑)。気持ちがいいので、気分転換に使いたくなるのも続けられる理由です

私の場合、パソコンで原稿を書きながら使用することが多いです。たまに目の近くがピクピク動くときは、モニターがよく見えませんが(笑)。気持ちがいいので、気分転換に使いたくなるのも続けられる理由です

この美顔器の何がいいかって、コードレスだし一度装着したら両手が開くので、使いながら家事など別の作業ができるということ! 例えば掃除機をかけながら、パソコン作業をしながら、と”ながら美容”ができちゃうのです。

近年、”ながら美容”ができる美容家電は増えてきましたが、たいていは「テレビを見ながら」とか、「お風呂に入りながら」の”ながら”で、使用中は手を動かす必要がありました。でもこれは完全に、他の事をしながら使えちゃう! 忙しい人、飽きっぽい人にもオススメできる究極の美顔器です。




■DATA
ヤーマン メディリフト EP-14BB
製品サイズ・質量:​​​​​​約600×180mm(シリコーンマスク)・約145g(コントローラー+シリコーンマスク)
掲載日:2020年12月03日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。