冷え症と姿勢改善のダブル効果!土台筋タッチ腹巻き

冷え性に悩む人にとって、体を温める「腹巻き」は寒い時期に欠かせないアイテムの一つでしょう。その「腹巻き」、使うだけで身体を温めるだけでなく、姿勢まで良くなるとしたら……、これほど嬉しいことはないですよね。「冷え性」と「姿勢の崩れ」という二つの悩みを解決する腹巻きがあるというので実際に試してみました。

執筆者:西村 典子 アスレティックトレーナー / 運動と健康 ガイド
日本体育協会公認アスレティックトレーナー、NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト。10年以上に渡り、スポーツ現場でトレーナー活動を行っています。資格と現場経験を活かし、健康づくりに役立つ、実践しやすい運動のコツをご紹介します。

苦しくないのに、背中が丸まらない!

姿勢のいいスーツ姿

きれいな姿勢は見た目も若々しく、キチンとした印象を与える

知人から薦められたのは「土台筋タッチ腹巻き」というもの。

「土台筋」という聞き慣れない言葉に戸惑いつつも、締め付け感が少なく、それでいて姿勢が良くなるのであれば試したい!と思い、さっそく購入してみました。

実際に商品を手にしてみると、思ったより幅が広く、お腹周りからお尻のところまでカバーできるよう作られています。生地は想像していたのよりも薄手です。こうした機能的な製品は前後や裏表を間違えるとまったく意図した効果が得られない心配がありますが、この腹巻きは背中とお腹部分にそれぞれ目印があって間違える心配もなさそうです。

そして、実際に身に着けてみると、締め付け感がないのに、背筋を伸ばしたくなるようなフィット感に驚きました。お尻周りまでしっかりサポートしているので、体の軸が安定し、それでいて動きやすいので使い勝手が良さそうです。
 

腹部を温めるだけではなく体幹も安定させる

体幹トレーニング

体幹を安定させると腹圧が高まり、姿勢も整う

腹巻きを愛用する方の目的はまずは「お腹が冷えないように」でしょうが、「土台筋タッチ腹巻き」はこの従来の働きに加え、「着けるだけで体幹を安定させることができないか」という理学療法士の着想によって誕生しました。

「土台筋」というのは、体幹を安定させる役割を持つ6つの筋肉を総称した、メーカーの造語。背骨を支えて腹圧を高め、内臓の位置を安定させる3つの腹筋群(腹横筋・内腹斜筋・腰部多裂筋)と、しなやかな動きとくびれをつくる腰部、臀部周辺にある3つの筋肉(外腹斜筋・広背筋・中臀筋)をあわせ、姿勢を支える土台が崩れないことを目的としています。

キュッと締め付けるのではなく、体幹を支える筋肉それぞれの走行に着目し、腹巻きの厚みを微妙に変化させてサポートしています。
 

着心地も良く、毎日使いたい!

土台筋タッチ腹巻き

お腹周りだけではなくお尻までサポートして体幹を支える

本来の腹巻きとしての「体を温める機能」も、遠赤外線効果のある備長炭を練り込んだ素材を使用することでしっかり果たしています。一日中着けてもかゆくならないですし、見た目にもモコモコした感じがないので、これをつけてシャキッと姿勢良く過ごし、冷え対策としても寒い時期を中心に大活躍しそうなアイテムです。お腹周りの冷えが気になる人はもちろん、姿勢の崩れが気になる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

■DATA
ファンケル 土台筋タッチ腹巻
1858円(税抜)
掲載日:2019年04月06日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。