1000円以下!プチプラ眉コスメでトレンドの立体アーチ眉へ

顔の印象を左右する「眉毛」。トレンドは自然な毛流れで立体感を演出するアーチ眉ですが、なかなか難しいもの。今回は、1000円以下で買えるプチプラ眉コスメを使って、「立体アーチ眉」の作り方を解説します!

イチオシスト:小林 未佳
化粧品・美容に関するライター兼アナリスト。関西学院大学理学部卒業後、化粧品メーカーの研究職に就き、製品開発を行う。その後、化粧品の商品企画・マーケティングへと転身。研究者、マーケッター、消費者と多角的な視線で美容を分析し、女性の美をバックアップする情報を発信します。

トレンドは「毛流れ」が命の立体アーチ眉!

ナチュラル美人を演出する立体アーチ眉は毛流れ感が命!

眉のトレンドは平行太眉から、立体感のあるアーチ眉へ

存在感があるようで、顔に自然となじんで溶け込む「立体アーチ眉」。顔の骨格になじむようなナチュラル感は「毛流れ」が命です。
今回は、厳選したプチプラ眉コスメを3つ使って、ナチュラル美人を演出する「立体アーチ眉」の作り方を解説します!

STEP1:毛流れを整え、足りない毛を描き足す

まず、スクリューブラシで毛流れを整えます。眉頭は上へ、眉尻は水平方向へよくとかしましょう。
眉尻の目安は小鼻のわきと目尻を結んだ延長線上

眉尻の目安は小鼻のわきと目尻を結んだ延長線上、眉山は曲線をイメージして

次に、足りない毛を描き足します。眉尻の目安は小鼻のわきと目尻を結んだ延長線上。アーチ部分は直線的にならないよう、画像のように眉下と眉上の骨格に沿ったカーブをイメージして、曲線的に描いてください。
描きやすいペンシルタイプだけど、立体感のあるパウダリーな仕上がり

ペンシルとスクリューブラシのダブルエンドなので、これ1本でこのステップを完了させることができる

おすすめアイテムが、デジャヴュの「ステイナチュラR」。ペンシルですが、パウダリー感のあるナチュラルな仕上がりで、「書いてます」感のない眉に仕上げることができます。しかも、しっかりと肌に密着するため、夕方、眉尻がない……という悲劇もありません。




DATA
デジャヴュ ステイナチュラR

STEP2:眉に立体感を与える

眉に立体感を与えるために、ローライトとハイライトを入れます。そこでおすすめなのが、 インテグレート ビューティートリックアイブロー。
シャドーカラーの入ったアイブロウパウダーはたくさんあるが、これはハイライトカラーが入っていて使いやすい

シャドーカラーの入ったアイブロウパウダーはたくさんあるが、これはハイライトカラーが入っていて使いやすい

まずはCの色を眉頭~眉山まで、Dの色を眉山~眉尻までブラシでなじませます。ここでのポイントは「色を付けすぎない」こと。STEP1で自然に描いた毛の土台として軽くなじませるようにササっと仕上げましょう。

そして、ここからがワザアリ立体感テクです! Aのハイライトカラーを眉の上下を挟むように細く入れます。そうすると、先ほど入れた土台の色とのコントラストでグッと眉の存在感が際立ち、自然な立体感が生まれます。そして、Bを眉頭の下から鼻筋の際に沿って鼻の真ん中くらいまでなじませると、顔立ちが変わったかのような自然な彫深フェイスに!




DATA
インテグレート
ビューティートリックアイブロー

STEP3:毛流れをFIX

最後は眉マスカラを使って、STEP1の要領で毛流れを整えながらフィックスします。立体アーチ眉を作るのに、ぜひ一本はもっておいてほしい毛流れの番人ともいえる眉マスカラ。
眉マスカラを選ぶチェックポイントは3つ!

1.マスカラ液が肌にまでボテッとつかないか?
2.眉毛をしっかりとかすことができるブラシか?
3.毛流れのキープ力が高いか?


この3点をクリアした秀逸プチプラ眉マスカラがこちら。
プロのメイクアップアーティストにも愛用者が多いと噂の眉マスカラ

プロのメイクアップアーティストにも愛用者が多いと噂の眉マスカラ

ワンストロークで簡単に決まるので、ササッと毛流れを整えるだけで立体感UP、そしてラスティング効果もUPです!




DATA
ファシオ
カラーラスティング アイブロウ マスカラ


いかがでしたか? 顔の骨格に沿って描くと、よく馴染むため統一感のあるメイクを演出できます。紹介した3アイテムはナチュラル感と立体感の出し方が秀逸! 描きやすいプチプラアイテムですので、ぜひ試してみてください。
立体アーチ眉を意識して描いた眉

立体アーチ眉を意識して描いた眉

掲載日:2020年09月22日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。