トマトハイで若返る!お酒好き男性のパフォーマンスアップに最適

“夏老け“と言われるように「活性酸素」が増えやすい夏は、活力が衰え老けを痛感する季節でもあります。この季節、元気をくれる夏野菜の中でも特にオススメな「トマト」を使った「トマトハイボール」を紹介します。

イチオシスト:松田 真紀
管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。株式会社バードワークス代表取締役。自ら18才から15年以上20kgの体重増減、摂食障害に。苦しいダイエット生活の末辿り着いた「仲間との楽しいお酒と食事」が「無理しない、簡単なダイエット法」として好評を博し、300以上の施設団体など多方面で活躍中。著書『居酒屋ダイエット』も好評発売中。

話題のスポットで出会った!体に嬉しい「生トマトハイボール」

肝臓予防、男性ホルモンアップに

肝臓予防、男性ホルモンアップに

 毎日厳しい暑さが続いていますね。すっかり夏バテになってしまった……という人も多いのではないでしょうか? 2018年話題の東京ミッドタウン日比谷で、シュワっと爽やかな「生トマトハイボール」を見つけました。ウィスキーを炭酸で割るおなじみのハイボールに、すりおろした生のトマトが入ったもの。

実はコチラ、美味しいだけでなく、特に男性にオススメしたい「夏のお酒」なのです。
 

お酒好き男性にとって良い事ずくめの「トマト」

元気をくれる夏野菜の中でも、特に男性が食べるべきは「トマト」

元気をくれる夏野菜の中でも、特に男性が食べるべきは「トマト」

“夏老け“と言われるように「活性酸素」が増えやすい夏は、活力が衰えて老けを痛感する季節。元気をくれる夏野菜の中でも、特に男性が食べるべきは「トマト」です。

トマトは別名「食べる精力剤」とも言われます。βカロチンの2倍とも言われる強い抗酸化作用で老化を防ぐ赤い色素「リコピン」は、肝臓(アルコールはじめ全ての代謝)、副腎(ホルモンを分泌するところ)、睾丸などをケアすることがわかっています。「お酒好き男性」の若々しさやパフォーマンスアップに最適ですね!
 

血糖値の急上昇を抑えてダイエットに◎唐揚げにもピッタリ

トマトのリコピンは血糖値の急上昇をおさえてくれる

トマトのリコピンは血糖値の急上昇をおさえてくれる


さらに嬉しいことに、リコピンは太る原因である血糖値の急上昇を抑えてくれます。一見スリムに見えるけれど、お腹周りが気になりだしたアラサー男性の強い味方!

トマトのリコピンは、唐揚げなどの動物性脂肪と一緒にとると吸収率アップし、揚げ物の衣に含まれる糖質の血糖値の急上昇を抑えてくれます。揚げ物以外でも「脂」と「糖質」が多い料理と相性が良いんです!

トマトハイボール以外にも、ビール党の方ならビールをトマトジュースで割った「レッドアイ」がオススメ。太る原因となる、ビールの糖質の血糖値急上昇を抑えてくれます。
 

コンビニのトマトでOK!自宅でトマトハイボールを楽しむ方法

凍らせたプチトマトに、お好みのハイボールを注いで

凍らせたプチトマトに、お好みのハイボールを注いで

「トマトハイボール」をお家飲みで楽しむにはどうすればいいでしょう?作り方簡単度別に3つの方法をご提案します。
 
  • レベル1・ハイボールをトマトジュース、もしくはカットトマト缶で割る
  • レベル2・ハイボールに丸ごと凍らせたプチトマトを入れ、潰しながら食べる
  • レベル3・生トマトをザクザク刻んでグラスに入れ、ハイボールを注ぎ、潰しながら食べる(すりおろしてもOK)
お好みでレモンを絞るとさらに抗酸化作用がアップします!

異常気象で年々暑くなる日本の夏。さらにストレスの多い現代。働き世代の男性は、過酷な環境で若さや活力が奪われがちです。そんな時こそ、夏の太陽のような赤いトマトのお酒で、気持ちよく乾杯といきましょう!

掲載日:2019年02月13日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。