コーヒーは歯に悪い?歯垢や着色汚れに効果的な歯磨き粉を紹介

コーヒーは、仕事に欠かせない飲み物。しかし、歯垢や着色が気になるという方も多いのではないでしょうか。黄ばみやステイン、歯周病予防にコーヒーブレイク後に歯磨きは必須。コーヒーが欠かせないビジネスパーソンにおすすめしたい、白い歯をキープするための歯磨き粉を紹介します。

イチオシスト:斎藤 貴美子
美容・健康、ファッションが得意なコピーライター/ディレクター。美容・健康商材の商品企画やネーミング・広告に携わる。 出産後、ママ友の悩みや子育て系NPO団体等への取材から、現代の育児問題を認識。まずは現状を知ってもらうべく、ママ系サイトでコラムを執筆しつつ母親が楽しく生きられる育児サバイバル術を模索中。

コーヒーによる歯垢や着色の原因

日々のコーヒーやお茶で歯が黄ばんでいく

日々のコーヒーやお茶で歯が黄ばんでいく

まずはコーヒーをたくさん飲むと、なぜ歯が黄ばみやすくなるのか解説します。

コーヒーで歯が黄ばむ原因はステインの付着

オフィスの飲み物としても欠かせない、コーヒー。

毎日飲んでいる人は、ぜひ前歯をチェックしてみてください。

「なんとなく着色して黄ばんでいる」「歯が汚れていて清潔感がない」と感じませんか?

コーヒーに多く含まれるポリフェノールが唾液内のたんぱく質と結合し、黄ばみの原因「ステイン」が付着しやすくなるのです。

歯の黄ばみ防止の対策方法

私も仕事中をはじめずっとコーヒーを飲み続けているため、気になっていた歯の汚れ。

アイスコーヒーならストローを使えば歯に付きにくいですが、ホットコーヒーの場合はむずかしいですよね。

黄ばみの対策方法は、やはりコーヒーを飲んだあとの歯磨きが有効といえます。

私は、きちんと歯医者さんに通い、コーヒーブレイク後は歯磨きをしていたのに歯の黄ばみに悩んでいました。

そんな時に出会った歯磨き粉が、「元祖・歯を白くする歯磨き粉」といっても過言ではない「アパガード・スモーキン」です。

コーヒーによる歯の着色予防に効果的「アパガード・スモーキン」

ヤニだけでないステインケア

ヤニだけでないステインケア

アパガードにはシリーズがいくつかありますが、コーヒーや紅茶を飲む方、たばこを吸う方なら、ピンク色の「スモーキン」がおすすめです。

ヤニ着色、ステインに効果的

こちらの「スモーキン」は、本来はタバコのヤニ着色を薄くする効果のあるアイテム。

パッケージにも表記されていますが、コーヒーや紅茶に含まれるステインにも有効です。

値段が手頃なシリーズ

いままではアパガードの「プレミオ」という一番高価な歯磨き粉を使っていたのですが、コーヒーによる着色汚れのみが気になっていた私にとってスモーキンで十分。

プレミオよりもお手頃価格なのでコスパが良い点も助かります!

アパガードをやめた途端、歯が黄色くなるほどの効果

使い続けることがコツだそうで。

使い続けることがコツだそう

一時期、アパガード・スモーキンから他メーカーの「天然ハーブの歯磨き粉」を使っていました。

1ヵ月くらい経った頃「歯が黄色くなってる……?」と気づきました。

以前と比較すると歯が黄色くなっていました。

つまり、アパガードをつかっていた頃は歯が白くなっていたor歯の白さがキープできていた、ということが証明された瞬間でした。

それ以来アパガード一筋で歯磨きをしています。

まとめ:ミーティングでも合コンでも「白い歯」は武器


同性でも異性でも白い歯は好印象

同性でも異性でも白い歯は好印象

時代は変わっても、白い歯の価値は変わりません。

商談や打ち合わせ、はたまた合コンでも、白い歯は印象アップの王道ですよね。

ぜひ、コーヒーを飲んだあとは歯を丹念に磨いて、笑顔を「キラリ」と光らせてみてくださいね。




DATA
アパガード

スモーキン(ステインケアタイプ)


容量:100g/50g香味:マイルドミント



掲載日:2019年01月16日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。