【ダイエット】罪悪感なく食べられるスイーツ!「ドクターズチョコレート」

掲載日:

ダイエット中にスイーツを我慢するのはストレスを感じますよね。これまで350種類以上のダイエットを試したてきたという和田さんが、「ダイエット中も罪悪感なく食べられる」という「ドクターズチョコレート」を紹介してくれました。

イチオシスト:和田 清香
NYで学んだボディケア術、350種類以上のダイエット法を体験して15kgのダイエットに成功した経験、認定栄養学&健康促進コンサルに関する資格をもとにした知識と分析力から、信頼できる「ダイエット方法」と「ボディケア」情報を提供。YouTube&Instagramでも配信中。
目次

    つらすぎる!ダイエット中の甘い物断ちはどうすべき?

    チョコ好きにとって、ダイエット中のスイーツ断ちはストレスでしかありません!

    チョコ好きにとって、ダイエット中のスイーツ断ちはストレスでしかありません!

    「ダメだとは分かっているけれど……甘いものや間食が止められない!」という人は多いはず。かくいう私も「チョコレートがなくては生きていけないタイプ」の人間です。

    スイーツ絶ちをしようと思うほどストレスがMAXになり、反動で甘い物をドカ食いしてしまいダイエット失敗……なんていう苦い経験も沢山しています。

    そんな私がオススメするのが、ダイエット中でも気軽に食べられる「ドクターズチョコレート」です。

    チョコなのに野菜と同程度の低GI値が魅力

    高級感のある甘さと美味しさ!でも罪悪感はなし!!

    高級感のある甘さと美味しさ!でも罪悪感はなし!!

    「ドクターズチョコレート」は、もともとは糖尿病などの病気で糖質制限が必要な方でも食べられるおやつとして作られ、基本的には調剤薬局や病院で売られているという信頼度の高いチョコレートです(現在はインターネットでも購入可)。

    砂糖不使用、低GI、低カロリー、コレステロール0を実現し、砂糖の代わりに甘味料としてマルチトール(原料はとうもろこし)を使用している為、低GIで血糖値が上がりにくく脂肪がつきにくいのがメリット。

    GI値に関しては、市販のチョコレートが約90なのに対して、「ドクターズチョコレート」はダークが26、ミルクが36なので、なんと野菜と同程度のGI値になります。(臨床試験データ有)

    罪悪感なし!リッチな味わいを楽しめるチョコレート

    コクターズチョコレートにはダークとミルクの2種類があります

    ドクターズチョコレートにはダークとミルクの2種類があります

    とはいえ、チョコレートなんだから、美味しくなければ魅力も半減してしまいます! その点「ドクターズチョコレート」は、ノンシュガーだけど最高級ベルギーチョコレートを贅沢に100%使用しているので、安っぽい甘みではなく奥行きのある味わいを楽しむことができるんです。

    また、一般に高カカオチョコレートと呼ばれるカカオ度数70以上のものには1gあたり22~25mgのカカオポリフェノールが含まれますが、「ドクターズチョコレート(ダーク)」は1gあたり23mg、1袋30gでは690mgのカカオポリフェノールが含まれるので、美容面でも嬉しい効果が期待できそう!

    もちろん食べ過ぎはよくありませんが、ダイエット中によくある「食べたいものが食べられないストレスと戦っている方」は、「ドクターズチョコレート」をチェックしてみてはいかがでしょうか? その際、甘味料のマルチトールという成分により、おなかがゆるくなる可能性があるので、1袋を一気に食べるのではなく、まずは2~3回に分けて食べるように注意してくださいね。 DATA
    株式会社マザーレンカ

    ドクターズチョコレート
    ノンシュガーダーク143Kcal・ノンシュガーミルク149Kcal

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

    ※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。 実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。 また、全ての方への有効性を保証するものではありません。