なかなか痩せなくなった30代に。栄養士がおすすめする食事管理アプリ

「今までダイエットすればすぐに痩せていたのに、30代になってなぜか痩せなくなった」という人も多いのでは?それは年齢のせいではなく、食生活が原因かもしれません。管理栄養士の平井さんが、生活に取り入れてほしい習慣として食べたものを記録するアプリを紹介してくれました。

イチオシスト:平井 千里
小田原短期大学 食物栄養学科 准教授。女子栄養大学大学院(博士課程)修了。名古屋女子大学 助手、一宮女子短期大学 専任講師を経て大学院へ進学。「メタボリックシンドローム」について研究。前職では、病院にて栄養科責任者と栄養相談業務を行う。現在は教壇に立つ傍ら、実践に即した栄養の基礎を発信している。

痩せないことを年齢のせいにしていませんか?

体重計に乗る女性

30代になってなかなか痩せないと思っている人も少なくないようです。年齢のせいと思いたくなるのも分かりますが、そのまま放置しますか?


30代になると「痩せにくくなった」と感じる人が増えるようです。巷では「基礎代謝が落ちてくるから」とか、「ホルモンバランスが崩れてくるから」などいろいろな理由がウワサされています。

そんな理由を聞くたびに「年齢だからしょうがないな」とあきらめの境地に陥っている人も多いのではないでしょうか?
 

「食べたことを忘れている」から痩せない!?

ここで、自分の生活を振り返ってみましょう。

「食事の時間がいつになるか分からないから、今パンを食べておこう」
「今日は食事が遅くなる予定だけど、今なら時間があるから煎餅を食べておこう」

というようなことはしていませんか? そして、その「食べたこと」をすっかり忘れて、しっかり食事を食べてしまっている……そんなことを繰り返していたら、太ってしまうに決まってます。

ほかにも、「隣のデスクの人からお菓子をもらったので小腹が空いたときに食べた」「コンビニに入ったら、新商品が出ていてつい買ってしまった」など。

食事の時間以外のときに食べたものを、食事の際に忘れている。食事は食べすぎていないとしても、カロリーオーバーになるのは当然ですよね。
 

食べたものを撮影するだけ!おすすめアプリの紹介

スマホで食事の写真を撮る女性

最近は、食事の管理をスマホで簡単にできるようになりました。ただし、入力し忘れにご用心!


食べたことを忘れてしまう、というのは人間なら誰しもあることですが、忘れないように食べた証拠を画像で残しておくだけで意識は変わります。そこで、食べたものを簡単に管理するアプリを使ってみてはいかがでしょう?
 
なぜか痩せない人が今すぐに実践できる新習慣とは?

食事管理アプリ「シンプル・ダイエット*フォト」


例えばこちらのアプリ「シンプル・ダイエット*フォト」。毎食食べたものを撮影するだけで無理なく自分の食生活を見直すことができます。かわいく見やすいアイコンで、操作も簡単!
なぜか痩せない人が今すぐに実践できる新習慣とは?

一覧で何を食べたのか確認し、自分の食事をしっかり認識しましょう


もちろん、アプリを使うのが面倒であればスマホで撮影するだけでもずいぶん変わりますよ! ただし、撮り忘れや入力忘れをしないように気をつけて下さいね。

栄養学の研究をしていると、申告(アプリ入力)が実際の摂取カロリーより20%くらい低い人も珍しくありません。写真がインスタ映えしなくても、誰に見せるものでもありません。せっかくやるなら、正確に入力しましょうね。
 


掲載日:2021年02月22日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。