「一人暮らしのコンビニご飯」でも野菜を上手に取る方法とは?管理栄養士が解説

掲載日:

一人暮らしだと野菜が余ってしまうので、コンビニでお惣菜を買っているという人も少なくないようです。コンビニご飯で、栄養バランスの取れた食事をするにはどのようにすればよいのでしょうか?理想的なコンビニメニューの選び方を管理栄養士の平井さんが紹介してくれました!

イチオシスト:平井 千里
小田原短期大学 食物栄養学科 准教授。女子栄養大学大学院(博士課程)修了。名古屋女子大学 助手、一宮女子短期大学 専任講師を経て大学院へ進学。「メタボリックシンドローム」について研究。前職では、病院にて栄養科責任者と栄養相談業務を行う。現在は教壇に立つ傍ら、実践に即した栄養の基礎を発信。All About 管理栄養士 / 実践栄養 ガイドを務める。
目次

    コンビニ商品に頼るのは悪いことじゃない!

    コンビニで買い物をする女性

    一人暮らしでも栄養バランスのよい食事をあきらめないで!


    一人暮らしの場合、野菜を買っても使い切る前に傷んでしまう、そんな悩みを抱えている人も少なくないでしょう。「だからコンビニでお惣菜を買っちゃうことも多いんです。それだと栄養が偏っちゃって……」そんな声もよく耳にします。

    でもちょっと待って! コンビニ商品だけでも上手に選べば、栄養バランスを整えることは十分に可能ですよ。

    栄養バランスの良い食事は「給食メニュー」が基本!

    栄養バランスの良い食事の選び方は、ざっくり「給食のようにメニューを選ぶこと」、基本はこれです。

    すなわち、「主食(ご飯、パン、麺類、シリアル)」「大きいおかず(肉、魚、卵、豆腐などのたんぱく質を多く含むおかず)」「小さいおかず(野菜、きのこ類、海藻類などを含むおかず)」の3つが揃っていることが最初の条件です。
    2つめに量の問題もありますが、コンビニで「半分だけ下さい」はできないので、まずはこの3つが揃っていることを目安にしましょう。

    コンビニで選ぶなら「野菜の種類が多いお惣菜」を

    セブンイレブンを例に、夕食メニューを選んでみましょう。
    一人暮らし女子がコンビニで選ぶべきものは?

    「主食」「大きいおかず」「小さいおかず」の3つを揃えることを意識して選んでみました


    おにぎり、さばの味噌煮、野菜スティック……こんな感じです。ほら、「主食」「大きいおかず」「小さいおかず」の3つが揃いましたよね? 欲を言えば、もうひと踏ん張り! できるだけたくさんの食材を使った商品を選びたいところ。

    自炊では余らせてしまいがちな野菜だって、1人分から買えるコンビニ惣菜なら、余らせることはありません。自宅で1把すべて使って作ってもさほどの量にならない「ほうれん草のおひたし」などを買うのはもったいないです。こういったものは時間を見つけて自分で作るのがおすすめです。

    では、上記の例で何を入れ替えるか、考えてみましょう。「さばの味噌煮」は材料がお魚だけ。ほかに何かないかな~、と探してみると……ありました!「ゴーヤチャンプルー」!
    一人暮らし女子がコンビニで選ぶべきものは?

    できるだけ複数種類の野菜が使われているお惣菜が狙い目!


    よく見ると、ゴーヤに豚肉、ニンジンなど、ほかにも何種類かの野菜が入っていますね。こんな感じで1つの商品に使っている食材の多い商品を選ぶのです。

    コンビニの商品入れ替わりも多いので、この記事に掲載されている商品はすでに販売終了になっている可能性はありますが、考え方が分かれば選び方は簡単ですよね。

    「コンビニ弁当なので、栄養が偏って……」と言う人には、必ずこのようなアドバイスをしています。

    さぁ、今日からは思い込みによる言い訳はナシにして、罪悪感なくバランスの良い食事をとりましょう!

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。 診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。 記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。 当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。